【個人事業主】家賃支援給付金の詳細がわかってきました

個人事業主
スポンサーリンク

家賃支援給付金とは?

事業継続を下支えするために地代・家賃の負担を軽減するための給付金です。
6月中の受付開始と言われていましたがずれ込んでいるようでまだ受付は開始されていません。お知らせはこちら
支給対象は下記となります。

支給対象
・資本金10億円未満の中堅・中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者
・5~12月の売上高が1ヶ月で前年同月比マイナス50%以上、又は連続する3ヶ月の合計で前年同期比マイナス30%以上
・自らの事業のために占有する土地・建物の賃料を支払っている事

この3項目をすべて満たす必要があります。

給付額については下記となります。

給付額
・法人は最大600万、個人事業者は最大300万
・申請時の直近一ヶ月における月額支払賃料に基づき算定した金額x6

金額の算定方法は法人と個人で少し異なります。

たとえば、

家賃50万の法人なら、50万x2/3=33万3333円x6=199万9998円
家賃100万の法人なら、75x2/3=50万 25万x1/3=8万3333円 
50万+8万3333x6=349万9998円

という事だと思います。

個人事業者の自宅兼事務所も対象となる

この制度が発表された時に私が気になっていたのはここでした。
個人や一人法人だと自宅兼事務所の人も多いと思います。私もそうです。
私の場合は別居の親名義の家に住んでおり、業務に使用している部分の家賃を毎月支払っています。節税も兼ねて。
家賃支援給付金のお知らせ裏面のよくある問い合わせに明記されているので、自宅兼事業所であっても、事業に用する部分は対象になるようです。

あとは「身内に家賃を支払っている」という部分がどう扱われるかですが、法人の場合でもグループ会社の持っているビルを借りているなど、グループ内で家賃の受け渡しが発生しているケースは一杯あるので、個人で身内に家賃を払っていても大丈夫じゃないとおかしいんじゃないの?と思っています。
私の場合は簡易なものながら契約書も交わしてますし、親も家賃収入として確定申告してきちんと税金払ってますからね。なんらやましい所は無いのです( ´ ▽ ` )ノ

私の場合は申請が通っても25万程度ではありますが

個人での最大300万には程遠い金額にはなりますが、25万円と言えば一般的な中小零細企業のサラリーマンの月の給料ぐらいにはなるかと思います。
そこそこの規模の企業からすれば端金でしょうが個人にとっては中々大きい金額です。

6月が前年同月比で売上半分以下だったのですでに条件はクリアしてますが、今の状態だと7月も余裕の前年同月比半減しそうな勢いです。
少し先の予定は結構あるんですが、直近の話が少なくて協力業者さんの多くも暇しちゃってる状態なんですよね・・・
まぁ、ジタバタしても仕事が湧いてくるわけじゃないし、無理に安い仕事や慣れない仕事や初めての仕事やっても良いこと無いし、ドーンと構えて時期を待ちますかねぇ

コメント

タイトルとURLをコピーしました