【キャリア】20代の頃は働こう

キャリア
スポンサーリンク

将来的に稼ぎたいなら、20代はきっちり働くべきだと思います

社畜になれって事じゃないですよ

最近はやたらと「フリーランス」「独立」という言葉が持ち上げられていますが、本当に会社員よりもフリーランスになるべきなのでしょうか?
特に若い人は「社畜」になるのを嫌い、フリーになりたい・独立したいと思う人も多いでしょう。
あくまでも私自身の経験から私個人としての意見を書いていきたいと思います。

20代、少なくとも20代前半までは会社勤めの方がいい

社会経験なしでフリーランスはリスク高すぎる

学生時代に漠然とイメージしているものと、実際に社会に出て会社員として働いてみたイメージは全く違います。
会社でのルールもそうだし、客先との付き合いの距離感だったり、大きなお金が自分の行動・言動で動くプレッシャーetc、学生時代には経験しない事がたくさんあります。
極々一部の人はインターンなどでがっつり経験している人もいるんでしょうが、大部分はある程度「働いてきた」と思っていてもそれは所詮「アルバイトの延長」レベルです。
金額の単価感覚もそうですし、人脈もそうです。

会社員となって働くとなると全く求められる物が変わってきます。
それを経験せずにフリーでしてもまず通用しないと思います。今現在フリーランスとして先行してるとyoutube等で発信している人も殆どはまず会社員やってます。
それら一部の天才達でさえ、少なくとも最初の数年は会社員をやってるんです。その他大勢の一般人がいきなり独立してうまくいくはずもありません。
仮に即独立して仕事が貰えたとしても、単価を安く抑えられる事でしょう。その後単価を上げるように持っていければいいですが、そういった交渉の経験ありますか?
その単価交渉に見合うだけのスキルがあなたにはありますか?って事なんです。

なぜ20代は働くべきなのか?

あくまで私個人の経験からですよ

結論から言うと、

「20代にガムシャラに働いてスキルと経験を得れば、その後はそのスキルと経験でやっていける」

という事です。
極稀に転職や配属の変更をきっかけに化ける30代以上もいるんでしょうが、大体仕事できて出世する人って若い頃から仕事出来ますからね。

大学を卒業して新卒で入った会社は一月半で辞めました。
金融機関の営業で全く合わず、このまま勤められる気がしなかったので親に相談してすぐに辞めました。
その後看板業界に入るわけです。

んで、大学は経営学部だし看板屋でバイトなんてしたこともないし、全てが初めての事で新鮮なんですよね。新しい事を覚えて吸収するってのが楽しい楽しい。
この「新しい事を覚える」ってことに楽しみが見いだせない人は、稼ぐのは難しいと思います。ただ、ほとんどの人は自分の知らない知識や技術を見聞きするのは好きなんじゃないですかと思います。

楽しいって事は吸収もしやすい。そして20代は身体も元気。頭も若いので覚えも速い。やればやるだけ身につきます。
20代に真面目に仕事に取り組んだ人は仕事ができる人が多いように思います。
これが30代40代になってからがんばる、じゃ頭も脳みそも付いてこないし、そもそも社会に出たての新鮮な気持ちが無くなってるので、よっぽど自分を律する事ができる人でないと難しい。

私自身、今の私があるのは20代の頃の経験が大きいと思っています。
というか、ほとんど20代の時に得た知識と経験のおかげです。
30代に入ると仕事に新鮮味も無くなり、給料もほとんど上がらずやる気が無かったですからね。結局限界を感じて同業大手に転職することになるわけですが。

最初の看板屋を16年ほど勤めて同業大手に行きましたが、当時は独立してやっていける自身って物がなかったので同業大手に行きました。
今になって思えば、あの時独立しててもいけてただろうな・・・・とは思います。
それよりももっと早く独立してても行けたかな?とも思います。
最初の看板屋の最後5年ぐらいと同業大手に入ってなにか仕事のスキル的に上がったという物はなにもないですから。
同業大手に行って人脈は多少広がりました。これが仕事に繋がっている部分も多少ありますが、そこまで大きくないですかね。

誰でもフリーランス・独立が向いているわけじゃない

会社員とフリーランス、求められる資質が違う部分も多い

会社員とフリーランス、どっちに向いてるかは人それぞれです。
会社員で出世するタイプはフリーランスに向かない人が多いように個人的には思います。リクルートみたいな独立するのが当たり前って感じの特殊事例は別として。

もちろん会社員でめちゃくちゃ出世して独立して成功してる人も一杯いますけど、そう言った人たちの多くは「異例の出世と言えるような速い出世」をしてる人が多いんですよね。
あくまでも個人的な感想ですが、以前の勤め先の課長や部長で
「独立したら上手くやるんだろうな」
って思う人皆無でしたからね。まぁ会社の風土もあるんでしょうけど。

人に言われた事をやるのが得意
会社に言われたやり方に疑問を持たず淡々とやる
会議でも自分の意見は言わない
自分で責任を持って動くのは苦手
何をするにも他人のアドバイスを聞かないと不安

周りに人がいて働いていないと働く気が出ない

こんなタイプは会社員が合っているかと思います

じゃぁ、フリーランス・独立に向いてるのはどんな人?

会社のやり方に常に疑問がある
責任を持って仕事に関わりたい
自分で仕事の進め方やり方を考えてやるタイプ
一人でも自分を律して仕事と遊びを分けられる
自分の意見をきちんと言える

お金の管理をきちんと出来る
自分のスタイルを確立できる

って感じかと思います。大前提として仕事が出来る人に嫌われないってのはありますけど。
いくら仕事出来る人でも一緒に仕事して嫌な人には仕事出しませんしね。
どちらかと言うと人柄めっちゃ良くて仕事出来ないほうがマシかもしれません。

個人で仕事をする以上、ある程度我が強くないとダメです。弱気すぎると仕事が出来るようにも見えませんし。

あと、お金の出入りを自分が見ることになるので普段からお金に無頓着な人は向かないように思います。特に法人化しない場合は財布がごちゃまぜですからね。
人雇って経理も雇って税理士もってとこまで行けば関係なくなりますけど、そこに行くまでは自分で見る期間がありますからね。

自分のスタイルを確立ってのは、専門特化かゼネラリストか
「なにが得意なのか、なにが出来てなにが出来ないのかをはっきりさせる」
って事ですかね。
ゼネラリストも良いんだけどただ単に「なんでも出来ます」って言うのが一番ダメ。
いや、なんでも出来るのは良いんです。良いんだけど、アピールするときに「なんでも出来ます」って言われても判断出来ないんですよね。
なんでもやりますけど、得意なのは〇〇です。とかならいいんだけど。
ちなみに私の場合は「ゼネラリスト」タイプです。
大体どの業界も営業は営業・設計は設計・現場は現場、で分かれていてそれぞれの考え方やり方があってお互いいまいちわかり合えないってあるあるだと思いますが、私は全部経験してて自分でやれるので、
「営業と打ち合わせして決まったやり方なのに現場に行ったら職人が違うことしてる」
みたいなパターンを無くす事ができるのが大きな強みです。
場合によっては打ち合わせからデータ製作・取付を私自身がすることもありますしね。

私が個人でやっていて気を付けていること

正直結構好き勝手にやってるのであまりないんですが・・・

いくつか気を付けている事がありまして、それは

単価を下げない
無理を言う客とは距離を置く
段取りの悪い客とは距離を置く
支払いは速くきっちり

ですね。

単価を下げないのは、安くで仕事を請けるようになると客先も「その金額でやってくれれるんや」と思いますし、どんどん単価の安い仕事しか来ない流れになる傾向があります。
ぼったくる必要は一切ありませんが、きっちり自分で「コレ以下ではやらない」という基準は設けてます。
普段からコンスタントに仕事を頂いてる客先から「今回予算ないからこれでお願いできない?」とか、予定してたよりもすんなり終わった現場などは安くすることもありますけどね。それでも、基準以下の単価にするのは自分の分だけで、協力業者の分は下限を絶対に守ります。
暇だから・厳しいから、と単価を下げるのが当たり前になると結局自分のクビを締めます。今後継続して仕事を貰うための受注など、安く請ける価値のあるものもありますが、極力単価を下げるのはやめたほうが良いです。

無理を言う客とか段取りが悪い客ってのは、要はこっちのことを単なる「下請け」としか思って無くて、こっちの事考えてくれてないんですよね。
根本の考えがそういう人だから、今後付き合って行っても良いことはなにもないので、無理して付き合わないようにしてます。
それよりも気持ちよく仕事させてくれるありがたいお客さんの為に時間使います。

支払いは現金でさっさと。特に私は個人なので支払いが遅れた日にゃぁ何を言われるかわかりませんからね。
もちろん振込手数料も私負担です。
個人的には振込手数料を引いて入金してくるとこは「ケチくさいなぁ」と思ってます。
私の仕事を協力して「して頂いてる」のに数百円の振込手数料引いて払うなんて考えられない・・・・
大きい会社になると振込手数料だけでも何十万とかになるってのもあるんでしょうけどね。

でも振込手数料はまだ許せる範囲です。許せないのはなにかと名目をつけて1%以下の金額ですが、請求金額から引く所ですね。あと、現金で払うから手形の金利分差し引くね(歩引きってやつ)ってとこ。
これをやってるとこの見積もりは正直高くしてます。たぶん、他の業者も同じ様にしてるとこ多いんじゃないかな?だから、値引きして払いを抑えてるようで抑えられてないんですよね。しかも、相手に悪印象を与えるという方法で取る意味がありません。
まぁ超大手ならそれでも付いてくるとこあるから有効なんでしょうけどねぇ。
私はこのやり方大嫌いですけどね。

さいごに

独立は反対しないけど、きちんと考えてね

独立した結果、上手く行った人達の話が表に出ています。独立して「会社員の方が良かった」って人も一杯いますが、その人達の声はあまり表に出てきません。
転職も同じように「給料上がった、待遇良くなった」って話ばかり聞きますが、そうじゃない人もたくさんいます。
実際に私の知り合いだった人にも、独立して今どこにいてなにしてるのかわからない人もいますし、転職しても前のほうがマシだったって言ってる人もいます。

上司のいない通勤時間の無い休みも自由な生活はほんと快適です。
でも、その自由さと引き換えに収入は約束されていないし、各種補償も手薄いです。
独立するのは、それをきちんと理解して覚悟してやれる人だけがして良いものだと思います。
新型コロナの件で、フリーランスが悲鳴みたいな記事結構ありましたけど、あんなもんは本人の覚悟と準備が足りないだけです。仕事無くなってすぐに国や県に頼るような覚悟でフリーランス選ぶのが悪い。そんな意識の人たちが楽に稼げるような世界じゃないですよ。

正直、今回の新型コロナは「仕事の出来るフリーランス()」にはほとんどダメージないと思いますよ(実店舗型の飲食・物販とかはどうしようもないけど)。
さすがに緊急事態宣言中は無風とは行かなかったでしょうけど。
全体の仕事の量が減って、会社の人員削減・アウトソーシングが増える、ってなったら、その少ない仕事はまず「仕事の出来るフリーランス(もしくはその集団)」に行きます。
これまでそこが手一杯で出来なかった仕事が回ってきてた層以下は、回ってくる仕事が減るのでキツくなってくるでしょう。
客からすれば「いままで忙しくて頼めなかったあの人に頼める」っていう状態なわけです。その結果、結局忙しくなって頼めなくなるんだろうけど。

私も6月7月ヒマだと書いてましたが、まぁヒマだったんですけど幸い周りの同業のほとんどよりは忙しくしてました。単価を下げないスタイルを貫いてるので、ヒマでも生活には十分、貯蓄も投資も出来るぐらいは利益を出せてます。
8月はほぼ埋まり、9月も話は一杯貰っていますし10月以降の話もちらほら来始めてます。
こういったご時世になると、これまでの仕事に対する姿勢や実績・信頼が物を言ってくるんだと思います。普段適当に納めりゃいいんやろ?って感じで仕事してるとこういう時にしわ寄せ来ますからね。
いつでも真面目に誠実に、それでいて下手にならないように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました