【政治】やっぱり無かった石破人気

政治
スポンサーリンク

菅新総理誕生

わかってた結果ですが、菅官房長官の圧勝で新総理誕生

事前の予想通りというか想定通り菅官房長官の圧勝で新総理が決まりました。
得票数の内訳は下記の通りです

  • 菅官房長官 議員票288 地方票89 合計377
  • 岸田氏   議員票079 地方票10 合計089
  • 石破氏   議員票026 地方票42 合計068

議員票で7割以上、地方票も6割以上の得票でまさに圧勝。
まぁこれは事前予想通りなのでそんな驚きはないかと。
個人的には岸田氏が石破氏に勝って2位だったのがちょっと意外。意外というか、そこまで石破氏人気無いんかと思ったわけですが。

たまたま聞いていたラジオで、とある調査では菅官房長官は地方党員の支持率も46%でトップだったとの事。地方票は得票率に応じてではなく、トップの得票だった人が票を総取りするエリアもあるとの事で菅氏は地方票も6割ぐらい取るのでは?と言っていましたがまさにそのとおりになりました。

戦前は主にテレビが石破氏が国民人気No.1、党員人気があると言っていましたが違和感ありありでした。ネット上では「石破は無い」と言う声が多かった印象ですしね。
結果は地方票でも菅官房長官の半分以下、議員票に至っては岸田氏の1/3しか得られませんでした。
いやほんと、こんな報道してるとますます信頼無くすよね、マスコミ

そもそも地方の石破人気が幻想ではないか

10年以上前は確かにあったのかも知れない

そもそも地方で人気がある、と言われていた根拠が無いように思います。
前回2018年の総裁選でも党員票は安倍総理が224 石破氏181で負けてます。現職総理相手に4割取ってるので人気がないわけでは無かったんでしょうが、これは石破人気ではなく反安倍票なだけだったように思います。
今回は党員投票ではないので単純に比べる事はできないでしょうが、地方票を3割取れていないので前回より支持が落ちていたのではないでしょうか

マスコミでの次の総理に誰がいいかのアンケートがどういった形でどういった層にされているのかはわかりません。
ただ間違いなく言えるのは

「自民党支持層だけへのアンケートではない」

と言うことです。
今の日本の仕組みでは国民の直接投票で総理を選ぶわけではありません。自民党の議員と党員による投票で決まります。
つまり、自民党議員と党員以外へ「新総理は誰が良いか」とアンケートを取っても結果と連動しなくて当たり前なんですよね。
しかも与党ではなく野党の支持者が新総理になって欲しい人を答えるのですから、与党にとっては都合が悪い野党にとっては都合のいい人を選ぶ率が高いと考えられるわけです。
その結果、テレビでは石破氏人気No.1になってしまったのではないでしょうか?

では、もし国民の直接投票で選ぶのなら石破氏が勝つのか?
これもそうではないでしょう。
本当に直接投票になれば、野党支持者の票は石破氏ではなく野党候補に入るでしょうからね。

想像以上に議員人気がなかった石破氏

まさか岸田氏のトリプルスコアとわ・・・・

石破氏が議員人気が無いのは戦前から言われていました。
ただそれでも地方票と合計すれば岸田氏には勝つだろうと思ってた人が多いのではないでしょうか?
個人的には、石破氏が自分の派閥以上の票を取るのか派閥から裏切り者が出てそれ以下になるのか、が気になっていて、石破氏2位 岸田氏3位だと思ってました。

戦前の報道で、岸田氏が議員票では石破氏を30票ほどリードしている。との話がありました。
もし仮に本当に30票差だったら石破氏が2位でしたね。ただ結果は議員票で53票の差。
思っていた以上に議員票で差が付きました。
仮にホントに地方人気や国民人気があったとしても、議員からここまで人気が無い人じゃ総理になった所で上手くいくとはとても思えないですね・・・・

石破氏陣営としては、思ったより地方票が取れなかった事と同じく思った以上に議員票が取れなかった2点は想定外だったでしょうね。
本人も周りも総理になれるとは思ってなかったでしょうが、2位にはなると思ってたんじゃないでしょうか?私の勝手な想像ですが。
ここで前回よりも大きく得票数を落として3位になってしまった事で、自民党内での立場はさらに厳しくなるように思います。

逆に岸田氏は思ってたより議員からの支持があったんだな、という印象。
ただこれは菅官房長官に入れたくない人の受け皿になっただけの可能性も高いと思うので、得票数=支持率とは言えないかもしれません。

次の焦点は早期解散をするのかしないのか

筋から言えば早期の解散総選挙が正解なのかもしれないが

前回の選挙は安倍総理が信任されるのかどうか、みたいなものでその結果自民が勝ちました。
その総理が変わるのですから、国民に新しい総理の信任を問うのは筋としては有りかと思います。
ただ、安倍路線を継続すると明言している事もありますし、新総理は安倍内閣で官房長官を勤めてきた人でもありますから、残り1年ちょっとに迫っている衆院選を待たずに急いでやる必要があるのか?と言う気もします。
新型コロナもありますし、この時期に急いで選挙をする事に批判がでる可能性もありますしね。
まぁ解散となるととにかくいちゃもんつける人がいるんで、そこは気にしてても仕方ないんですけどね。解散しろ解散しろ、いうといてホントに解散したら、なぜ解散するんだ~説明しろ~、って言う人たちですからw

まぁただ来年となると延期になったオリンピックが選挙の直前に入る事になるので、選挙活動的には避けたいかもしれませんね。そうなると年内の解散総選挙の確率が高いのかな?

まぁ、いつ選挙になってもいつもどおり投票しにいくだけなんですけどね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました