【個人事業主】独立を思い立ったきっかけ

個人事業主
スポンサーリンク

独立を決めた理由はなにか

なにも考えずに独立する人はいないと思うので

サラリーマンから独立して個人でやっていく際に人それぞれ色々な理由やきっかけがあると思います。
私の場合はどうだったかをちょっと書いてみたいと思います

もちろん一つの理由ではなく複数あります

人によっては1つだけの場合もあるのかな?

私の場合は複数の理由やきっかけが重なって独立に至りました。
大きく分けると下記の4つです。

  1. 以前から独立してみたいとは薄々思っていた
  2. 会社員として組織の中で働くのが自分には合わないと感じ始めた事
  3. 役所への登録に必要な資格を取った事
  4. 身近な人が自分に近い年齢で亡くなるのを見聞きしたこと

まぁこの他にも「もっと稼ぎたい」という気持ちもありましたが、これは独立ではなく転職でも可能な事ですし、正直稼ぎに関しては普段から無駄遣いしないので世間の中央値以下の稼ぎでも十分生きていけるのでそこまで大きいウエイトは占めていません。

以前から独立したいとは思っていた

父親が経営者だった事もあり、一度は自分も雇われではない立場で働いてみたいと学生の頃から思っていました。
社会人になっても当然その思いはあったのですが、生来保守的な性格なのもあってリスクを取って独立するというのに踏み切る事ができませんでした。
仕事があればこなしていく自信はある程度ありましたが、肝心の「仕事を取ってくる」という部分に全く自信が無かったので・・・・
この小さな思いにほかの要素が加わって独立に至りました。

会社員は自分には合わないと感じた

まぁ、これを感じる人は多いと思います。
会社によって社風も違うので一概には言えませんし、私に合う会社が世間にはあるんだろうと思います。ですが、そういった会社があっても私が入れるとは限りませんし、そもそもそういう会社を見つけるのがかなり難しい事だと思います。

具体的に合わねぇ・・と思ったのは、独立前に勤めてた会社に限ってですが
・他人が取ってきたわけのわからん金額の利益のでない仕事を担当させられる
・どうでもいい接待などで無駄に時間を取られる
・書類や朝礼スピーチ、会議その他諸々これ要るの?と感じる業務が多い
・一つの仕事を終わらせるのに自分の関与できる範囲が小さすぎて達成感がない
・決まったルーティンワークのみで社内処理が早くなる以外の成長をする余地が感じられない
・そもそも社長の考え方、やり方等々に賛同出来ない
・明らかに他者より多い業務をこなしていてもそれが給与に反映されない

などなどでしょうか。
勤め先によっては解決できる内容も多いと思います。ただ、先にも書いたようにそういった会社に入れるとは限りませんし、そもそも入社してみないとわからない部分が多すぎますからね。
会議などで利益利益と言われるのに、朝礼スピーチだの会議だの書類だのやる事がまったく利益につながらないものをやらせる意味が全くわからんですね。
会議は内容によっては必要なこともあると思いますが、本当に必要な会議ってどのくらいあるんでしょうね。回数ではなく時間で言えば日本で行われている会議のどれだけが不要な会議なんでしょう。
そう考えてしまうぐらい、まったく何も産まない会議ばっかりでした。

小さい会社から大きい会社に転職したこともあり、これまでより自分が関われる範囲が狭くなって、え?なんでこんなやり方でやるの?と思うことがものすごくありました。
自分は営業部分しか関われず、製作や設計には口出しできず、なんでこんな設計・・・・って感じる事が多々。この部分は大きいストレスでした。
自分の持ってる知識・経験でそこに関われれば、客にはコスト減を自社には利益増をもたらせる事ができるのにそれが出来ないジレンマ。

決まった客先と決まった変化のない仕事を延々と続けていく。書類も毎日決まった物を書いていく。たまにめったに書かない書類がイレギュラーで出てくる。毎日毎日その繰り返し。書類を作るのが早くなる以外のスキルも身につかず、他社で通用するスキルはなにも身につかない働き方。これが耐え難かったですね。

社長に関してはもうなにもかも合わなかったですね。まぁ大体誰でも上司や社長なんかに多少の文句はあるものだと思いますが、まぁほんとだめでしたね、この社長。
言ってることとやってることも整合性取れてないし、人としても尊敬できる所が1ミリもない。
なんでこんなのが社長なの?ってそりゃあんた、先代の息子だからだよ!!
二代目がみんなだめとは思いません。素晴らしい二代目もたくさん世の中にはいると思います。
でも私の勤務先の二代目はダメでしたね。

あとは、そこそこ大きい規模の会社だと職級みたいなものがあってそれによって給料が決まってしまう。そこが同じだとどれだけ仕事が出来ても給料もボーナスも変わらない。
一番売上も利益も多い客先を担当していたこともあり、月末の請求書処理の書類の山が他の営業担当より毎月倍の高さがありましたが、それらが給料に反映されることはありません。
しかも営業マンが一人転勤になり、その人が担当していた客をすべて担当させられる事になっても変わりませんでした。他より仕事こなしても評価されないんじゃやる気でませんね。
経理や人事から色々話をきく感じでは、結婚してるかどうか子供がいるかどうかなどが昇進に大きく影響しているらしい。どれだけ仕事ができても一定年数は昇進が無いなどの暗黙のルール的なものがあるらしい。

看板業者として自分の名前で登録できる資格を取ったこと

まぁこれは自分で取ろうと思ってとったわけではなく、上記の会社で取れと言われて取ったんですが。
ちなみに取れと言われて取っても資格手当なんてものは1円も付きません。
業務命令で取らせといてそれ?ケチくさ。
まぁ色々な不満もあって、資格を取った事で自分の名前でできるやん!と思った事は独立に至るきっかけのかなりの部分を占めてますね。

自分に近い年齢の人が亡くなっていく・・・

つい先日もアイルランドの元競馬騎手のスマレン氏が亡くなりました。43歳との事。私より若い。
私は父親が50過ぎで亡くなっていて、あと何年かすれば父の年齢を超えるのか・・・・と考える事がよくあります。
仕事の関係者なども50代で病気で亡くなる人、入院する人が何人もいます。
そう思うと、自分もあと10年後には病気で死んでてもおかしくない年齢なんだな、と痛感しました。

もし10年後に死ぬとして、今の会社で働いてたとして後悔しないのか?

そう考えた時に間違いなく後悔する、と思いました。
じゃぁまた転職するのか?でも転職した所で上司がいるのは変わらないし、自分で100%コントロールできるわけでもない。
小さい会社で働いていた時は、大きい会社できれいなオフィスでスーツを着て働いたらどうなるんだろう・・・と思って、このまま小さい会社で一生を終えたら後悔する。と考えたのが転職のスタートでした。
そして大きい会社で働いてみて、正直「こんなもんか・・・」とがっかりしました。
人として特に優れてる人が多いわけでもない、組織としてしっかりしているわけでもない、結局は小さい会社がそのまま大きくなっただけのような感じ。福利厚生は多少しっかりしてるけど、その分書類や会議など不要な部分も増大する。余分な煩わしい人間関係と業務が増えるだけ。
この会社で勤めたまま死んだら絶対に死にきれない。
そう思いました。

まぁ、これらが組み合わさって独立に至りました

正直、最後の理由以外はありきたりかな?

自分でも最後の理由以外は普通だなぁ・・・と思います
まぁでもそんなもんでしょう。
実際に行動するかどうかだけの違いで、多くの人が同じような思いは抱いた事があるんじゃないかと思います。

ただ、結婚して子供がいてリスクが取れないって人もいるでしょうし、他の理由でリスクが取れない人もいるでしょう。サラリーマンの方が安定してますし、有利な事も多いです。
サラリーマンの不条理が自分の許容範囲内ならばサラリーマンをおすすめします。
最近はすぐにプログラミングだなんだでフリーランスにって風潮ですが、数十万払って勉強してそれで誰でもやっていけるような世界ならみんなお金持ちになってますよ。
有名人や大手企業の経営者も受けたレッスン、とか宣伝されてたりしますが、その人たちはその後プログラミングで飯食ってるんですかね?飯食わないまでもアプリやサービスの一つでも製作に関わったんでしょうか?

独立したからと言って上手くいく保証はありませんし。安易な気持ちで独立してフリーでやっていこうとした人達は、今回の新型コロナで自分の覚悟の無さを思い知ってるのではないでしょうか?
いや、そこで自分には覚悟が足りなかった・・・と思える人はこれからは大丈夫かな?過去の自分は甘かったと認識できるわけだし。
問題は自分は悪くない、国は金くばれ、保証しろ、なんて考える人たちですかね。
こんな考えの人は独立には向いてないでしょうし、今回のことから何も学んで無さそうですしね。

まぁ独立は良いことも多いですが、悪いこともありますよ。
私もこれ書いてる時点で今週は仕事ありますけど、来週以降月末までほぼ仕事入ってない状態ですしね。

2週間収入0かもしれない。

これに耐えられますか?しかも2週間後以降の保証もないですからね。
無理だと思うなら、サラリーマンがいいかな。
まぁフリーでやってる内に慣れるかもしれませんけどね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました