【競馬】強かったサトノレイナス

競馬
スポンサーリンク

期待馬サトノレイナスの2戦目

重賞ではなくサフラン賞を使ってきた所が不安ではありますが・・・

昨年の弥生賞馬サトノフラッグの妹と言うことでデビュー前から評判だった馬。
今年の仲間内POGの1位指名馬。
血統だけでなく同馬主が購入した高額のリアアントニアの2018がデビュー前に死亡してしまった事への補填という噂もあり、話題の1頭でした。
デビュー戦は圧倒的人気の中、着差もわずかで地味な勝ち方。
しかし厩舎が国枝調教師と言うことで、初戦から仕上げないのは有名な話。あのアーモンドアイも初戦は負けました。国枝仕上げで初戦を勝ちきった事で評価する声もありました。
国枝調教師自身も「7~8分の出来」と言っていた仕上げで勝ち上がったことで次どこを使うのか、が焦点となってました。

期待馬のデビュー勝ち後の2戦目なら重賞を使う事が多いが・・・・

なぜにサフラン賞?

距離・コースからしてアルテミスステークスが次走の最有力かと思っていましたが、サフラン賞という発表。
これは重賞より相手が弱いとみたのか、それともこの馬はまだ重賞クラスじゃないと思ったのか・・・
その辺りは謎です。
調教師自身も「中山1600は向いているとは言えない」と言ったようなコメントをしていて、なおさらなぜサフラン賞?という感じでした。特に出世レースでもないですしね。
昨年はマルターズディオサ、その前はレッドアネモスと勝ち馬はそこそこ活躍はしてますけどね。

メンバーもこの時期の1勝クラスとしてはメンバーが揃った感じで、初戦の地味な勝ち方からもちょっと不安がありました。
(グアドループで120%勝ちを確信してて4着だったショックから抜け出せないw騎手も一緒だし)

終わってみれば完勝

予想外の展開からの完勝

終わってみれば何の心配もいらなかった完勝でした。

スタートは後手を踏み、道中はほぼ最後方。今の中山は差し追い込みが効くとは言え、さすがに心配な位置取り。
残り600を切ってもまだ動かず後方。え?大丈夫?と思った所で内目から外に馬群がバラけた所を4コーナーを斜めにすり抜け馬場のいい所へ。
その後はゴールまで伸びるだけ。
2着のテンハッピーローズもいい脚でしたが、ゴール前は着差が広がる感じでサトノレイナスにはまだまだ余力がありそうでした。

騎手によるとゲートでは怒り気味でそれが原因で出遅れたようですが、道中は特にかかることもなくリラックスして走れていた模様。
直線での伸びは1頭違ってましたし、向かないと思われた中山1600も問題なし。
牝馬だけに桜まではマイルが基本になるだろうけど、今の感じだと距離は伸びても問題なさそう。
阪神JFに向かうと思いますが直行かな?
まぁ2勝してるんで使いたいとこどこでも使えるし、ローテーションは楽ですね。
重賞なら2着でも賞金加算できるけど、1勝クラスだと勝たないと加算出来ないですしね。重賞では無くわざわざ中山1600のマイルなんていう条件のレースを使ってきただけに、勝たないとこのレースにした意味が無いって感じでしたからね。良かったです。

あとは無事に来年のクラシックを迎えられますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました