【投資】米国ETFの状況

投資
スポンサーリンク

大統領選を控えたアメリカ市場

トランプ大統領のコロナ感染もあり少しボラの激しい展開に

トランプ大統領のコロナ感染というイベント?もあり、少し大きめに下げる事もあった市場。
ただ、それでも2%程度の下げなのでまぁ日常的に起こるレベルの下げでしたね。
それでもVIX指数は未だに30近い数字をキープ。
VIXが10台になるのはいつなんだろう?

なんだかんで右肩上がりの市場

直近高値を超えてる訳ではないが

日米共、直近高値を超えたわけではないが、形としてはたまに大きく下げても右肩上がりをキープ。
まぁ、特に米国は長年この形で市場が動いてきているわけで今後もこの流れが続くんでしょう。
というか、そういう前提の下で投資してるんだからそうなって貰わないと困る(´・ω・`)

ドル円市場も一時104円を割るかって所まで行ってましたが、105円半ば~106円辺りをウロウロ。
為替的にもマイナス評価される部分は無くなってきました。

相変わらずSPYDだけが悪い

マジSPYDだけあかん

QQQ,HDV,VOO,VYM,SPYDの5つを持っていますが、この内評価額がドル建て・円建て共にマイナスなのはSPYDのみ。
ほか4つはドル建て・円建て共にプラスです。
SPYDに至っては、すでに貰っている配当を考慮してもマイナスです。
同時期同じ様に買い始めたVYMはSPYDのマイナス分がプラスになってるぐらい差が出ています。
まぁ、いつかSPYDちゃんが目覚める事を期待して売らずに持っときますけども、コロナ前にSPYD買ってた人は、他の類似ETFと比べても圧倒的に悪いパフォーマンスには文句言いたくなるでしょうね。

高値から比べると現在の価格(10月8日時点)は大体ですが
SPYD  72%
VYM  88%
HDV  82%

ぐらいです。
SPYDだけ明らかに戻りが悪すぎる。配当下がってこれですからね。さすがにひどいね・・・・
今から買うならSPYDはありえないなぁ・・・ほんと失敗したわ。
今後SPYDだけが他と比べて突出してパフォーマンスが良くなると思える要素は思い当たらないし、配当貰う用と割り切って早く含み益状態で安定してくれる事を待つしかないですね。
VYMとHDVでも戻りに関しては5~6%差がついてるのは意外でした。HDVのほうが配当率が高いとはいえ、その分を上回るVYMの成績ですね。

まぁ、米国ETF全体としては悪くない感じ

全体的には順調にプラスになってる感じですね

SPYDのマイナスを他の銘柄が十分に補ってくれて配当除いても含み益状態で推移しています。
時期を見て配当で貰った分も追加投資していきたいと思っています。
その時はVOO、VYM、HDVの3つかな?
QQQの伸びは魅力だけど、下げるときもでかいだろうしこっちは今持ってる分だけにしとこうかな?大きく下げる時があったら買い増ししてもいいかな?
ここは迷う所ですね。

まぁそれでも相場全体としては、コロナショックがあったにも関わらずかなり回復した感じかと。
リーマンショック時などと比べても市場の回復速度もかなり早くなっているように思います。
まだまだ今後も想定されないショックが何度もあるんでしょうが、その度に同じ様な動きをするんでしょう。
リーマンショックの時の経験を踏まえて、コロナショックで下げた時に買いましたがそれでもちょっと買うのが早かった。やっぱり実際にその渦中にいる時ってのは判断が難しい・・・・
まだ下がると思うと上げるし、もう底付近だと思ったら大きく下げるし、自分の心に従って取引してると儲けられないですね。

ここのコントロールがうまくできる人は、コロナショックでも簡単に一財産築けたでしょうしね。
次なにかのショックがあった時は今回の経験を踏まえて、もう少しうまく買いたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました