【競馬】リフレイム、調教再審査合格

競馬
スポンサーリンク

新馬戦を圧巻?の競馬で勝ったリフレイムの調教再審査が10月15日に行われたようです

無事、一発で合格したようですね!!

デビュー戦で1頭だけ大外のラチ沿いまで行ってしまいながら勝ちきったレースで一躍有名になったリフレイム。
デビュー前の調教時から能力は高いと言われていたけれども、まっすぐ走ってくれずミルコ・デムーロ騎手騎乗予定だったのに断られたとの噂。
結果、木幡巧也騎手の手綱でデビューすることになりました。
そして1頭だけ大外に行き騎手が落ちそうになりながらほとんど追えない状態での勝利を納めました。
ただその走りはさすがに調教再審査を受ける事に・・・・

どうやら気性の悪さでまっすぐ走らないのではなく、脚のどこかを気にしながら走るために斜めに行ってしまっている模様。
デビューよりはるか前の調教ではそんな素振りもみせていなかったので、あくまでも個人的な想像ですがデビュー直前の調教で捻挫をしたのが影響してるのではないかと推測しています。
雨でかなり馬場が悪かった状況で調教して捻挫しちゃったんですよね・・・・

まぁ、そこで陣営がじっくり焦らず工夫して矯正をした結果、調教再審査とは思えないタイムで合格。
完全にまっすぐ走っているわけではないですが、競走馬なんてほとんどまっすぐ走ってませんからね。それも1頭で走るならなおさらまっすぐ走らないもんです。それでこの走りなら問題なしでしょう

最悪の場合、このまま引退もありえたので良かったです。
デビュー戦の走りからも能力があるのは間違いないでしょうし、次走が楽しみですね。
次走の結果次第では一気に桜花賞の主役候補もありえます。
どこ使いますかねぇ。いやぁほんと楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました