【小ネタ】転職を良しとしない会社ってどうなん?

小ネタ
スポンサーリンク

あくまで個人的な意見ですよ

まぁ、私自身が転職した事で裏切り者呼ばわりされてるんですけどね・・・・

最近では転職がだいぶ当たり前になってきました。
まぁ転職と行っても後ろ向きなものもあれば前向きなものもあると思うので、全部を一括りには出来ないとは思いますが、少なくとも前向きな理由で転職していく人を悪くいうような会社は今後伸びては行かないと思います。

前向きな転職というのは、今の仕事に不満があるわけではないけど別の世界でチャレンジしたいとか同じ業界でももっと大きい所でスキルを活かしたりスキルアップさせたりしたい、って感じでしょうか。つまりキャリアアップですね。
後ろ向きは単純に何らかの理由でその会社で働くのが嫌だから、って事ですね。
転職する側の理由としては後ろ向きな理由でもアリだと思います。むしろ、生涯の多くの時間を費やす労働というものを嫌な場所で行うストレスや無駄を考えると積極的に薦めたいぐらいですが。

私の事例

同業大手に転職したんですが

零細A社から同業大手B社に転職し、育てて貰ったとも思っているので出せる仕事は以前の勤め先にも少ないながらもお願いしていました。
まだこの時は良かったんですが、独立してから関係が一気に悪化しました。
独立当初はA社から仕事を頂いていました。ただ、これはある1人の役員の方から頂いていた仕事だけでした。働いていた当時の上司にあたる役員の方からは一つも仕事の依頼が来たことはありませんでした。
とある日、A社とも私とも付き合いのある人から元上司が
「ぼるじあには裏切られたと思ってる」
と言っていると聞きました。
正直聞いた時は
「え?なにそれ?どゆこと?」
って感情しか出ませんでした。育てて貰ったと恩にも感じていますし、それもあって同業大手に転職してからは仕事も回そうとしてましたし、独立してからもお手伝いをさせて貰ってるつもりでいました。
それがその人の中でずっと私は「裏切り者」だったんですよね。ショックでしたよ。いろんな意味で。
自分が裏切り者と思われていたこともですが、A社に入ったら辞めたらあかんの?従業員に職業選択の自由は無いの?って。
正直、それまでA社に対して悪い感情はありませんでした。
何度も書くように育ててもらったと思ってますし(今でも思ってます)、零細にしては給料も福利厚生も休みなんかもきっちりしてくれてたと思います。決して良い給料では無かったですけどね。
ただ、業界水準や企業規模を考えると出してくれていたと思います。

ですが、この1件で私に仕事を出さない理由もはっきりしました。ずっとそう思ってたんだ。と。
私が辞めた後にもう1人辞めた人がいたんですが、その人は辞める時から揉めて辞めた感じでして、完全に縁が切れてる状態になっています。当然裏切り者呼ばわりされてるみたいですが。
私も裏切り者の1件からほぼ完全に縁が切れてる状態になってしまっています。こちらは育てて貰った恩もありますし、手伝える物は手伝いたいと思ってたんですけどね・・・・

なにより腹が立つのは・・・・

問題を起こしてクビにしたやつを再度雇用してる事!!

キャリアアップを目的に転職した私やもう1人の人を裏切り者呼ばわりしているのに、問題を起こして会社を一回クビになった人を、人が足りないからって理由でまた雇ってるんですよね。
「え?問題おこして会社クビになるまでなったやつはまた雇用するのに、キャリアアップのために転職して仕事も出そうとしてた俺が裏切り者扱いなの?」
ってのが正直な思いです。

転職していく者を応援できない会社の何がダメなのか

責任ある立場の人に余裕も器もないからだと思う

経営陣の立場からして、育てた人間が辞めていくというのはコスト面でも人材面でも厳しいだろう事はわかります。でも、だからと言って小さい零細企業に育った人間を閉じ込めておく権利も無いと思いますし、裏切り者呼ばわりはさすがにひどいんじゃないの?って思います。
個人的にそんな会社はダメだと今思う点は

・経営陣の器量の無さが伺える
・育てると転職されるという恐れから社員育成が疎かになりかねない
・仕事に関する人間関係を広げられるチャンスを潰している
・社員間でキャリアアップ、スキルアップの意識が芽生えないのでレベルが上がらない

って所かと思います。

一番は、経営陣の器が小さすぎ、って事ですかね。自分の上に立つ人な以上、せめて器は自分より大きくあって欲しいですし、尊敬できる人であって欲しいです。そこが根本からダメですからね。
経営陣には、育って巣立っていった人間と関係を継続することで仕事が広がる可能性に目を向ける余裕が欲しいと思いますし、元自社の社員が活躍する事を自慢するぐらいで居て欲しいと思うんですよね。
「ウチからは独立してやれてるやつがこれだけいるんですよ。人育てられる会社なんですよ。」
って。
会社によっちゃ将来転職・独立するのが当たり前ってとこもありますよね。リクルートとか。ああいう会社って結果的に社員全体のスキルの底上げにもなるし、独立していった人がリクルートを勝手に宣伝してもくれるし、そこから仕事も人脈も広がるしで良いことづくめだと思うんですよね。あそこに行けばスキルも見について将来独立もできる。って事で入社を希望する人もいるでしょうし。

まぁ、大企業と社員一桁の零細を同列に語ることはできないのはわかります。いくら人を育てられる企業ですって零細が言った所で入社希望者が増えるわけではないですし。
ただ、それでもその会社出身の人が独立してやれている、というのは会社にとってマイナスのイメージにはならないのでは?と思います。あそこはいい会社なんだな。と既存の付き合いの取引先に思われるだけでもプラスだと思いませんか?

人を育てるにはお金がかかります。資格を取らせるにしてもなんにしても。転職を悪としてしまうと、お金かけて育てても出ていかれるんじゃ・・・・で、社員教育にお金をかけたくなくなるでしょう。
でも、育った社員が独立してそこから新たな仕事に繋がれば良いんじゃないですか?というか、そういう見方のほうが経営者には必要なんじゃないかな?とも思います。
ちなみに大手企業の時は、資格取得は合格すれば受験料は負担して貰えましたが不合格の場合は自腹でしたね。合格しても合格から2年以内だったかな?に退職する場合は金返せ!!ってなってましたw

転職する事が許されない会社であれば、その会社にずっと居続けることになるわけですし、頑張ってスキルを身に着けても仕事ができるようになっても、その会社内での評価が多少上がる程度です。
となれば、頑張ってスキルを身に着けようとかキャリアアップしようという気も出てこないでしょう。
そもそも同じ会社にずっといよう、ってする時点でスキルアップやキャリアアップにそこまで興味ないでしょうからね。大体同じ会社にずっといて出世してる人って、仕事ができるとかより「社内政治が上手い」っていう人が多い気がしますね(偏見です( ´ ▽ ` )ノ)。

人を育てて巣立ちさせる覚悟が無い人は経営者には向かない

出ていかれるのが嫌な人は、根底で都合のいい「奴隷」が欲しいだけ

ちょっと言いすぎな点はあると思いますが、結局は根本こういうことなんだと思います。
安価で使いやすい自分の言うことを聞く労働力が欲しいって事なんでしょう。
出ていかれたくないのであれば、特に給与面で他より良くすればいいわけですし、そこをしない以上安価で質の高い労働力を安く使いたいだけ、と言われても仕方ないかと。
私自身はあまり感じていなかったのですが、独立してからA社時代に仕事をお願いしていた外注さんとお会いした時に

「ぼるじあ君って会社にいいように使われてて可哀相やなぁ・・・と思っててん。独立してよかったと思うよ」

って言われた事あるんですよね。ほんと私自身は自分がスキルを身につけて仕事できるようになるため、って意識があったんで全くそんな風に思ってなかったんですが、外から見るとそう見えてたんだなぁ・・・・とちょっと考えさせられました。

終身雇用という言葉が死語になりつつあり、一つの会社で一生働き続けるという事が少なくなっていくであろうこれからの時代、転職は当たり前になっていくんでしょう。
雇う側も雇われる側もそれを前提に雇い雇われることになっていくと思います。その時代の流れについていけないような経営陣では先行き不安になるのも当然でしょう。
A社に出入りしている職人さんから聞く話では、A社の職人の質はほんと落ちてる、と聞きます。
あいつらはほんま何も知らん、仕事できん。と。
A社の職長が「俺は職人やから」という事があるそうですが、A社外の人たちからは「あいつのどこが職人や」と言われているみたいです。職人を育てられてないんでしょうね。
まぁ、私ともう1人の独立した人も会社に育てて貰ったってより、
「与えられた環境でできる限りの事を吸収しようとして吸収した」
って言うのが正しいのかもしれませんね。

出入りの職人さんだけでなく、A社の取引先からも「A社はぼるじあさん辞めてから対応悪くなって・・・」って話も何度か聞きましたし、もう1人の独立した人が辞めてから「現場を信用して任せられなくなった」って言っているお客さんもいました。
結局私ともう1人の人の後釜は何年経っても育ってないみたいで・・・・・

私は経営者の器では無いと思ってるので法人化してない

自分の器量というか能力を知っている(`・ω・´)

「じゃぁお前は人を育てて出ていかれる覚悟あるの?」
って話になると思うんですが、無いですよ、そんなの
だから個人でやってるんすよね。
ゆくゆくは、若手が少ないこの業界の事もあるので若い子を育てたい、という思いが無いわけではありません。私が仕事を辞める時にお付き合いして頂いているお客様や協力業者をどこに引き継ぐのか、っていう事もありますし。
ただそれでも人を雇用してって言うのはどうだろう・・・外注さんの一つとして使って行きながら育てる、って感じが理想かなぁ?

まぁ、まだ引退できる状況では無いんでまだ考えるのは先かな?
でもきちんと育てるには年数いるし、あんまり悠長には構えてられないかなぁ・・・・・
若い子を育てるってのを老後の楽しみにできると老後が充実するかもしれませんね。老後の過ごし方として一考する価値あるかも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました