【競馬】阪神JFサトノレイナスとディオスバリエンテのデビュー

競馬
スポンサーリンク

12月13日に阪神競馬場で行われた阪神JF

私のPOG馬、サトノレイナスが2番人気で出走

三戦3勝の白毛馬ソダシが1人気。同じ三戦3勝のメイケイエールは距離不安で3番人気だったように思います。サトノレイナスは重賞勝ち無しの二戦2勝ですからね。

サトノレイナスはスタートはそれなりに出ましたが出足がイマイチでやや後方からレースを開始。その後うまくソダシの真後ろに付けてスムーズに競馬を進められていたと思います。
スタートは最後方だったメイケイエールがやはり抑え切れず徐々に外からポジションを上げる形。4角での勢いはメイケイエールが一番。一瞬突き抜けるかと思わせました。

サトノレイナスは直線に入ってもソダシを見る形。直線も長いのでソダシもまだ仕掛けず。
ソダシが仕掛けて抜けた所をサトノレイナスもその後ろから強襲。
一旦は完全に前に出たけれども、ソダシが差し返して写真判定でソダシに軍配。
ん~、勝ったと思ったんだけどなぁ・・・・・

仕掛けての反応の良さの差が出ちゃったように思います。ただ並んでからのソダシの粘りが凄かったので今日の所はソダシの方が上だったかな?
馬体を併せない形なら違ったかも?
でもサトノレイナスは距離短いと言われてたし、そもそもまだまだ成長途上と言われてるんで来年のオークスがとりあえずの目標でしょう。桜も当然有力だと思いますが、マイルは短いと思います。
桜パスしてトライアル→オークスでも良いように思いますが、まぁさすがに桜は使うでしょうね。

ソダシは完全に抜かれてからの差し返しに驚きました。現時点の完成度の差もあるんでしょうが、単なる早熟馬では無いように思います。ゲート入りが悪かったのがちょっと今後に不安でしょうか。まぁ、それでも結果出たんで問題ないかな?

3着のユーバーレーベンは前走の凡走はなんだったのかという走り。この馬と接戦したグアドループって馬はさぞかし強いんでしょう(現実逃避

4着のメイケイエール。やはり気性が厳しかった。後ろから行く競馬は武豊騎手が距離不安のある馬でよくやる競馬。戦前から予想出来た形。今日の流れからして前行ってたらもっと負けてたでしょうね。
気性的に現状では内枠だからって抑えが効く馬じゃ無いように思えるので、現状できる精一杯の競馬だったように思います。4角ではホントに突き抜けると思ったもんなぁ・・・・
折り合いが付くようになればマイルではこの世代で一番強くなるかもしれない。でも、それが難しいんだよなぁ・・・
古馬になって名スプリンターになってくれないかな?

ディオスバリエンテもやっとデビュー

気性面が心配されていましたが・・・・

デビュー前の調教ではずっと気性面の問題が指摘されていた同馬。
それだけにデビュー戦でどういう走りをするのか気になっていました。

1番人気で迎えたレース本番。7番枠から好スタート。気性面の心配があっただけにスタートが良いと掛かるのが心配でしたが全くそんな素振りもなく内の4番手できっちり折り合う。
新馬戦らしいスローペースを内で馬に囲まれても落ち着いて走れていたのは良かった。
4コーナー手前から2番人気のボーデンが外をいい勢いで上がって行ってそのまま直線へ。
直線に入った時はボーデンは勢いを付けて回ってきているのもあって一瞬差が開き2馬身程度前に出られました。この段階ではボーデンの脚色を見ても、2着だろうな・・・・って感じでした。
そこからラスト1ハロン。ボーデンの外に行くのかと思いましたが内に入ってムチを入れられてからグイッと伸びてゴール前クビ差交わした所がゴール。

3着馬との着差は4馬身。デビュー戦だけに相手関係がはっきりとはわかりませんが、この1.2着は上でもやれそうに感じました。(グアドループの件もあるので強気にはなれんですが・・・)
一度使ってからの気性面がどうかという心配はありますが、距離も多少伸びても問題なさそうですし次どこ使うのか含めて先が楽しみな競馬でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました