【個人事業主】月100は意外といけるけど、150・200はきついね

個人事業主
スポンサーリンク

会社員時代は遥か上空だった月100万

独立してからはちょいちょい月100万の利益が出てます

月収100万とか年収1000万ってのは、区切りが良いのもあって漠然と多くの人が

「これだけあったらいいなぁ」

と思うラインかと思います。
ただ、サラリーマンでこの水準を突破しようとするとそれなりの大企業に勤められないとあまり現実的ではないでしょう。会社によっては50歳になっても500万に届かないって所もあるでしょうし。

独立するまでは私も500万に満たない年収でした。
幸い独立してから今年で5年目ですが、初年度を除いて2~4年目は年収1000万をクリアできている感じです。まぁ、年金や退職金の違いだったり、経費で落とせる分だったり色々あるし、そもそも今は月給としてきちんとした額を貰うわけじゃないので、会社員の1000万とはちょっと違いますけどね。
正直、自分がこんなコンスタントに年収1000万をクリアできるとは思っていませんでしたし、やってみれば意外となんとかなるもんなんだなぁ・・・・というのが正直な感想です。

月100は意外といける。その上がきつい

法人化もせず人も雇わず規模拡大をしないのもありますが・・・・

毎月ではないですが、年に数回月の利益が100万を超えます。
ちょっとまとまった仕事が入り忙しくなると、意外と100は超えられるハードルだと感じています。
ただ、月200はクリアしたことないんですよね。
今月忙しかったわぁ・・・・って月でも、終わって計算すると200には程遠い。150もきつい。
100をちょっと超えるぐらいは忙しかったな、って月で超えるんですが、めっちゃ忙しかったなぁって月でも150を超えるのはかなりきついと感じています。150超えたのは過去1~2回あるかどうかぐらいでしょうか。

今年の1月は割りの良い仕事があったため、150万残ったかどうかという水準でした。
正月休みがあるので、日数が少ない中これだけの利益が年初から出せたのはコロナ禍の中で一安心ですし、非常にありがたい事です。

とある会社の営業所の改修工事だったのですが、私の一つ上の会社から私ともう一社別の所に2箇所に分けて発注されています。
私の担当した物件は、大きな問題もなくほぼ予定通りに終わったのですが、もう一社のほうが色々とトラブルがあったようで、私は普通に仕事してるだけなんですが勝手に私の株が上がってる形になってます。おかげで多少高めの金額を出しても、すんなり通るようになっていて非常に楽です。

独立前にとある人に「まぁ、一人でやったら月100ぐらいが限界やで」と言われたんですが、実際そんな感じだなぁ・・・と思っています。
月100が1年続いて年1200万。私はそこまで届いてませんし、正直月100超えの忙しさが1年間続いたら身体も精神も持たないと思います。
今以上を求めるなら、リスクを取って人を雇う・工場を借りるetcをして拡大するしか無いんでしょうが、まぁそこまでリスク取ってこれ以上稼ぐ必要あるのか?って話なんですよね。
独身で金のかかる趣味もないし、物欲もない。下手すりゃ年に5~600万ぐらい貯金できるんで1年働けば2~3年分の生活費は貯められる計算なんで、これ以上無理する必要はどこにもねーな、と。

収入は能力ではなく、その人のいる場所による所が大きい

独立してこれほんま強く思う

学生の頃は、自分が仕事できて結果出せば給料は上がるもんだと思ってました。
ですが、働きはじめてそれは違うんだと言うことを思い知らされました。
仕事が出来なくても給与水準が高い会社にいれば給料高いし、仕事ができても給与水準が低い会社にいれば給料は安い。そこに本人の能力はほとんど関係ありません。
給与水準の高い会社に入れると言う事自体がある種能力があるといえるのかもしれませんが、ホントに使えねぇ・・・・って人でも長くいるだけ、大企業に勤めてるだけで高給を貰っている事も多々あるのが現実です。

これは独立してても同じで、仕事が出来る人でもどの立ち位置にいるかとかどういった客がいるかとかそういった居場所で金額がガラッと変わります。
こいつあんま仕事できねぇなぁ・・・って人でも、上手くその人が出来る範囲の事を求めている客先を捕まえて、なおかつそこが金払いが良ければ稼ぎが良くなります。
いくら仕事ができても、その立ち位置を上手く確保出来ないといい稼ぎは望めません。

現場作業という点では私より出来る人はいくらでもいます。ですが、現場作業員というのはどうしても仕事のヒエラルキーで行くと末端になってしまいます。そのため給与水準はそれなりの所で頭打ちになります。
ですので、私は個人ですが立ち位置を他の法人として組織としてやっている看板屋と同じ位置に立てるようにしています。
前述した1月の仕事の私じゃないほうのもう一社は、全国的に仕事をしている大きな看板屋で年商も何十億とあるような会社です。そこと同じ位置で仕事を取れるようにする事で、効率よく利益を出せるようにやって行こうとしています。

もちろんスキルを磨くのも大事です。個人でやるならなおさらです。
ですが、スキルだけあっても肝心のお金を貰う場所の単価水準が低いとスキルに見合った収入を得られません。
逆にいえば、スキルがそんなに無くてもいい居場所を確保できれば良い稼ぎを確保できるんですよね。
そういった意味で、会社選びというのはすごい大事です。
まぁ今は昔と違い、大企業でも早期退職募集などいろいろなリストラも多いですが、それでも日本の大部分を占める中小零細とは給与水準が全然違いますからね。
中小零細だと一生勤めても到達できない給料に、下手すりゃ30前後で到達できるのが大企業ですから。

新卒でも転職でも独立でも、その辺りも考慮する必要があるかなぁ・・・と思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました