【投資】お金持ちとは?

スポンサーリンク

お金持ちの定義

皆さんはお金持ちって聞くとどんなイメージでしょうか?
1億円持ってる?医者?弁護士?プロスポーツ選手?人によっては1000万円持ってたら十分お金持ちって人もいるかも知れないですね。
野村総合研究所では、純金融資産別に超富裕層・富裕層・準富裕層・アッパーマス層・マス層の5階層に分類しているようです。2017年日本国内の世帯別データです。

出典:野村総合研究所

純金融資産なので不動産は入りません。預貯金・株式・債権・投資信託・各種保険から負債(借金)を引いた額です。なので、この分類では1億円で買った家を持っていても上記準金融資産が3000万円以下なら最下層のマス層になります。

各層の割合

  • 5億円以上の超富裕層:0.15% 何したらこんなに現金貯まるねん・・・って額ですね
  • 1~5億円未満の富裕層:2.2% 45世帯に1世帯がこのゾーン。え?そんなにいるの?
  • 5000万~1億未満の準富裕層:6.0% 15世帯に1世帯。
  • 3000万~5000万未満のアッパーマス層:13.4% この辺りでも世間一般からは十分お金持ち?
  • 3000万円以下のマス層:78.2% 大多数がこのゾーン     

富裕層=お金持ちとするなら、全体の2.35%ぐらい。42~3世帯に1世帯です。
個人的には世の中には思っている以上に1億円以上持ってる人いるんだなぁ・・・って印象です。

サラリーマンの生涯年収はどのぐらい?

正直な所普通にサラリーマンしてて結婚して子供いて家買ってって生活だとアッパーマス層も厳しい感じ。
サラリーマンの生涯年収が2億1000万ぐらいと言われています。税金や社会保険もありますから手取りだと良いとこ1億5000万ぐらいでしょうか。日々の家賃・生活費、子供の教育費等を考えるとアッパーマス層も厳しい。
早い段階で年収1000万を超えるような高給な企業でも生涯年収は5億円ぐらいと言われています。そういった人達は無駄遣いしなければ定年する頃には富裕層入り出来そうですね。
ただ、世の中の多くはそんな高給取りじゃありません。平均年収が440万と言われる今の日本。中央値はもっと低く今の若い世代はもっと年収が下がる可能性があります。
私自身学生時代あまり深く考えずに学生生活を送り、就職活動もしていましたから決して給料の良い会社に勤めていたわけではありません。当時は、自分が結果を出せば給料は上がるものだと思っていました。
でもそれは大きな間違いでした。給料というのは入った会社の給与水準で決まるんです。ボンクラでも1000万貰える所もあれば、どれだけ優秀でも400万がやっとの企業もあります。なので、万一学生でここを読んでいる人がいてお金が好きならば就職活動時にきちんと会社を調べて選びましょう。youtubeにおすすめのチャンネルがあります。

ゆっくり霊夢はFランク大学の就職課に就職したようです【第1話】

この再生リストだけでなく、他の動画も楽しく見れて色々と勉強になりますよ。

どうすればお金持ちになれるのか?

みんながみんなお金持ちを目指す必要は無いと思います。富裕層まで行かなくても5000万以上の現金があれば十分人生楽しめるって人もいるでしょうし、そんなにいらないって人もいるでしょう。でも、お金はあっても困りません。無かったら困る事ありますけどね・・・・
ではどうやったら富裕層までは行かなくてもお金を増やせるのか

  1. 無駄な支出を削る
  2. 給与収入(労働収入)を増やす
  3. 副業をする
  4. お金に働いて貰う

だと思います。

無駄な支出を削る

簡単な所で言えば、スマホを安い機種で格安SIMに替えるがあります。キャリアのスマホを使っているより月に6000円ぐらいは簡単に浮きます。私はスマホは2万円ぐらいの端末を買って格安SIMでデータ通信のみ。月額は1000円行かないです。仕事の音声通話用にガラケーを契約しててかけ放題で端末代含めて月2300円ぐらいです。2台合わせてもキャリアでスマホを契約する半分以下です。年間数万円浮きます。
次に保険の見直しですね。日本は健康保険制度が充実してるので医療保険はほとんど必要ないです。高額医療制度がありますから。どうしても不安なら少額の掛け捨てのみでOK。生命保険は家族がいるなら入っていた方がいいと思いますが、それでも最低限で十分です。
他には月額サービスに入っているものがあればその価値が本当にあるのか使用しているのか、あまり大きな額は変わりませんが電力会社を新電力に変更するなど生活レベルを落とさずに支出を削る事が可能な事は結構あります。

給与収入(労働収入)を増やす

これは今の会社で働き続けて結果を出して上に行けば給料が上がるのであればそこで頑張るのもいいでしょう。その見込みがなければ転職しかありません。日本は長らく終身雇用が当たり前だったので転職に悪いイメージがある人も多いですが、今は私も含め転職している人は大勢います。もちろん転職して給料アップを望むには自身にもそれだけのスキルが求められますが、探せば意外と今の自分を評価してくれる所があったりします。
自身の価値を上げるために資格を取るのももちろん有効です。というか、ある程度の年齢が行っていて転職する場合は資格が無いと厳しい部分はあります。
笑い話でリストラされた大企業の部長が面接で「なにができますか?」と聞かれて「部長ができます」と答えたなんて話がありますが、そんな人は転職しても給料下がるだけなのでやめときましょう。
転職を実際にする・しないに関わらず、転職エージェントに登録して自分の市場価値を一度知ってみるのもいいかもしれません。私はJACリクルートメントという所にお世話になりました。
まぁ転職エージェントはどこのエージェント会社に登録するかよりも、担当してくれるエージェントさんによる当たり外れが大きいと思いますので、良いと思えるエージェントさんに出会えるまで頑張りましょう。
自分の人生を左右することなので安易な妥協はしないことです。

副業をする

最近流行り(もう古い?)のウーバーイーツとかせどりとかyoutubeですね。ブログもそうですね。
働きながら休みを潰してやったり夜遅くまでやったりも色々大変だと思うので、世間がプッシュしているほど私は良いものだとは思わないですけどね。正直このブログで月何万も稼げるようになるとはとても思えないですし、基本的に私は本業で頑張ります。本業はやればやるだけ確実にお金残るので。
本業に影響が出ず体調にも問題がないレベルで出来るのなら、せどりもブログも色々とやり方を無料で解説してる動画やサイトがあるのでそれらで勉強してやってみるのも良いとは思います。
くれぐれも副業をやるために有料のセミナーなんかに行く無駄遣いはしちゃダメですよ。無料で十分です。無料で得られる情報で稼げなければそれはその人に向いてないんだと思います。

お金に働いて貰う

いわゆる投資ですね。一般的な日本人は苦手な分野です。なにせ小さい頃からお金にガメついのは悪いことみたいに教育されますからね。みんなお金大好きなはずなのに。
投資はリスクがあります。お金が減ることもあります。ですが、比較的ローリスクでリターンが望めるものもあります。それがここ数年色々な所で言われているインデックス投資ってやつです。
インデックス投資ではアメリカの株価指数であるS&P500に連動したインデックスファンドを買うのが主流です。 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)とか楽天全米株式とかSBIバンガードS&P500インデックスファンドと言われる物です。これらを毎月一定額を買い付けていくドルコスト平均法で積立して行くのが基本です。アメリカの株価指数は上下は当然ありますがここ200年ずっと右肩上がりです。過去の実績から行くと年平均5%前後のリターンが期待できます。今後も長期的には同じぐらいのリターンが得られるであろう米国株価指数を買うという方法です。
アメリカ株だけでなく全世界の株価を対象にしたインデックスファンドもあります。ただ、過去のパフォーマンスではアメリカ株だけにしたほうが良いので多くの場合アメリカ株のみの指数に投資する事が推奨されています。私はどちらにも投資しています。
ちなみに今の安倍政権誕生直後であれば日本のインデックスファンドを買っていてもすごい儲かったんですよね。

投資経験が無いもしくは少ない人は、企業勤めなら会社の確定拠出年金があるかと思います。選べる商品に上記のインデックスファンドがあれば迷わず選択です。定期預金はインフレに負けるし確定拠出年金の手数料もあるので実質マイナスみたいなものなので、定期預金を選ぶぐらいなら確定拠出年金じゃなくて自分で少しでも金利の良いネットバンクにでも定期預金したほうが良いです。
次に積立NISAを使って上記商品を積み立てて行くのが良いですね。
積立投資は複利の効果で10年20年30年と年が経つごとに効率があがります。少額でも早い内から始めた方が年を取った時のリターンが大きくなります。
私自身は20代から株取引はやっていましたが、やはり短期間で利益を出したくて個別株ばかりしていました。今思えばただのアホです。その頃からインデックス投資を地道にやってれば今の金融資産が1000万いやそれ以上に増えていたでしょう。個別株で勝つのは凡人には中々むずかしいです。
学生の方も投資になれるためにも1000円とか2000円でも良いから積立をしていくのをオススメします。

他にも不動産投資・高配当株投資などがありますが、リスクも上がるしまとまった資金もいるので最初は特に考える必要がないかと思います。FXや仮想通貨は投資ではなくほぼギャンブルなのでしないほうがいいですよ。

あと最後に。インデックス投資を始めるのに銀行はやめておきましょう。積立NISAはどこの金融機関を使っても手数料が同じですが、その他の商品に関しては銀行の手数料は高いです。積立NISAを始めるタイミングで今後他の投資を始める可能性も考えてネット証券の口座を作る事をオススメします。楽天証券・SBI証券・マネックス証券の3つがおすすめです。





コメント

タイトルとURLをコピーしました