【看板】看板の種類 その7 スタンドサイン

看板
スポンサーリンク

スタンドサイン

移動式サインとか置型看板などと言われることもあります。
内照式タイプの物や照明の無い物、黒板やホワイトボードになっていて文字が書ける物などがあります。
スタンドサインは他の看板と違いメーカーが作っている規格品が採用される事が多いです(スタンドサイン以外では突出看板が比較的規格品が使われる事が多いですがスタンドサインほどではありません)。
美容室や喫茶店などでは文字が書けるタイプの物を使っているのを良く見かけます。
ビルの入口付近などで案内用やイベント案内のような用途には照明の無い物が使われています。
居酒屋さんなどでは内照式のスタンド看板がよく使われています。
看板底部にキャスターが付いていて押して移動出来る物やキャスターの代わりにアジャスターが付いている物、どちらかを選べる物など色々あります。
A型サインと言われる看板側面から見るとアルファベットのAの形に見える看板もよく使われます。

注意点

スタンドサインは店舗前の歩道に置いて使用される事が多いです。
ですが、これは多くの場合違法行為です。ほとんどの地域で歩道上に看板を設置することが認められていません。認められている地域であっても道路占用許可を取る必要があります。
正直な所歩道上に出されているスタンドサインは違法だからと言って取り締まられる事はほとんどありません。一部地域では別途条例が定められていて指導や撤去処分が行われている所もあるようですが、人手やコストの問題もあり積極的にビシバシやっている所は少ないように思います。
ですが、違法行為である事には変わりありません。万一歩道上に出している看板で怪我をしたり、事故が起きた場合には法的に責任を問われる可能性も否定できません。
気軽に設置できる看板ですが、上記の点を設置する際に念頭に置いて頂ければと思います。



コメント

タイトルとURLをコピーしました