【投資】積立NISAではなにを買うべきか

投資
スポンサーリンク

積立NISAとは

積立NISAは2018年1月からスタートした制度で、少額から長期の積立・分散投資を支援する非課税制度です。
積立NISAより先に2014年1月からNISAという非課税制度がスタートしていましたが、NISAよりも投資初心者が投資しやすくなった積立専門の非課税制度です。NISAと積立NISAの主な違いは下記の通りです。

 NISA積立NISA
新規に投資できる期間2014年~2023年の10年間2018年~2037年の20年間
非課税となる期間投資した年から最長5年間投資した年から最長20年間
年間投資額の上限120万40万
投資対象商品上場株式・ETF・REIT、投資信託決められた投資信託、ETF
投資手法定額・定期を含む任意の金額・タイミングで購入定期・定額での積立に限る

 上記表には載せていない細かい違いや例外等(ロールオーバー等)もあるので、きっちり細部まで知りたい方は金融庁のサイト等でご確認頂ければと思います。普通にNISA又は積立NISAを利用するのであれば、上記内容がわかっていれば問題は無いかと思います。

NISAは銘柄を自分で選んだり買付時期も自身で選ぶなど投資初心者にはハードルが高い部分もあります。投資初心者で無くとも積立NISAの方が個人的には良いと思っていますので、ここでは積立NISAで投資する場合のオススメ商品をご紹介しようと思います。

インデックス型とアクティブ型

積立NISAで投資できる商品は、金融庁の審査を突破した厳選された優秀な商品となります。だからと言って必ず儲かるわけではないですが・・・・

大きく分けて「インデックス型」と「アクティブ型」の2種類に分かれます。
インデックス型は日経平均やNYダウなどのある指数と連動するように設計されたものです。
アクティブ型は日経平均やNYダウなどの指数よりも良い成績を出せるように積極的にリスクとリターンを取りに行く商品です。

こう聞くと単純に儲けを出したいならアクティブ型のように聞こえますが、アクティブ型でインデックス型より良いリターンを出せている商品と言うのはそんなに多くありません。プロが運用してもそれだけ市場平均よりも上の成績を出すのは難しいと言う事です。

投資信託やETFと言った商品は、信託報酬と言うものが掛かります。日々の管理や運用に必要な費用で預けている金額から一定率で引かれる物と思って頂ければいいかと思います。商品の基準価額や分配金に間接的に影響して来るため、信託報酬は安いに越したことはありません。

たとえば大体のイメージですが、基準価額が1万円で信託報酬が1%の商品を購入した場合、1年間で100円の信託報酬が取られる形になります。仮にこの商品の運用がうまく行かずにまったく増えなかった場合、100円損しちゃうと言うことです。
運用がうまく行って1000円増えた場合、信託報酬の100円が引かれて900円の儲けという事になります(これはあくまでもざっくりのイメージです。実際には他にも隠れコストと言われる見えないコストがかかってくるのでもう少し儲けは少なくなります)

信託報酬はインデックス型は安く、アクティブ型は高い傾向にあります。
長期投資であればこの信託報酬の差が最終的なリターンに大きく影響するのでなるべく安いほうが良いです。
ですので、基本的に積立NISAで選択する商品はインデックス型となります。

金融機関によって買える銘柄が違う

積立NISAは口座を作った金融機関でしか投資できません。金融機関によっては選べない銘柄があったりします。
金融庁から認められている積立NISAの銘柄は

  • インデックス型投資信託 148
  • アクティブ型投資信託 18本
  • ETF(上場株式投資信託) 7本

の173種類です。この全てを取り扱っている所は(たぶん)ありません。
例えば、証券会社で最多のSBI証券はこの中の153種類から選べます。証券会社でも野村證券は6種類しか取り扱っていません。銀行では三菱UFJ銀行は12種類、三井住友銀行は3種類です。

銀行も証券会社も大手は取り扱い商品が少なめの傾向にあるようです。
投資初心者には多数の銘柄から自分で選ぶのは難しいという観点から少数に絞っているようです。

対してネット証券は150種類前後選べる所がいくつもあります。ネット証券で積立NISA口座を開設した場合はほとんどの場合買いたい商品が買えると思いますが、銀行や野村證券・大和証券等で口座を開設する場合は買いたかった商品が買えない場合がありますので事前に調べる事が必要です。

おすすめ商品

おすすめとなるのはインデックス型投信で信託報酬の安いものとなります。
それでいて過去のパフォーマンスから見てもリターンが期待できるアメリカ株が中心の物となります。

  • SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド 
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド 
  • SBI・全世界株式インデックス・ファンド
  • eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 
  • eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)   
  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド

恐らく大体どこの投資ブログなどでもこの9銘柄の内のどれかがオススメされているのではないかと思います。
それぐらいこの9銘柄に投資しておけば良いと言った感じです。

上から3つ目まではアメリカ株のみに投資するもの、残りはアメリカを含む全世界に投資するものになります。 eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)は日本株を含みません。世界中に投資したいけど日本はいらないや、って人はこの商品にしましょう。

正直、この9銘柄はどれを選んでも大差ないかと思います。アメリカだけで良いよって人は、

  • SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド 
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド

のどれかに。アメリカだけじゃなくて世界中がいいなぁ・・・って人はそれ以外から選択すればいいかと思います。アメリカ比率を多めにでも世界にもって人は、組み合わせて買ってもいいと思います。

どれでもいいと言われても迷ってわからない・・・という人は、

  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

  • eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 
  • eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

のどちらかを組み合わせればいいかと思います。

ちなみに私は 楽天・全米株式インデックス・ファンドと楽天・全世界株式インデックス・ファンドにしていますが、これはアメリカのバンガードという所のETF(VT・VTIと言われる物)に投資したかったからです。

この楽天の2商品は間接的にこのVTとVTIに投資している形になる投資信託です。外国株式取引口座を作って直接買う方法もあるんですが、為替手数料がかかる事やVT・VTIは分配金が支払われるので都度税金が引かれ再投資の効率が落ちる&手動で自身で再投資しないといけない等の手間が発生するので、楽天の2商品にしています。

特にバンガードの商品にこだわりがなければeMAXISの方が信託報酬も安いし、VT・VTIに投資しているわけではないですが、大体似たような範囲に分散されて投資している商品なのでeMAXISで良いかと思います。

まとめ

  • 買うならインデックス型
  • アメリカか全世界に投資しているタイプのインデックス型で信託報酬の安いもの
  • おすすめ商品の9つの中から選べば良い
  • 迷ったらeMAXIS





コメント

タイトルとURLをコピーしました