【競馬】共同通信杯回顧

競馬
スポンサーリンク

2020年2月16日 共同通信杯

クラシックへの登竜門 共同通信杯。
今年は少頭数で3戦3勝でここに臨んで来たマイラプソディが圧倒的人気。
その他は脇役と言うのが戦前の評価だったのではないでしょうか?
前日のクイーンカップの勝ち馬を前走で楽に退けているのもあり、どういう勝ち方をするのかが焦点と思っていました。

レース展開

発表は稍重だが全体的に時計のかかる馬場。マイラプソディが負けるとすれば、道悪下手だった時だけかと思いました。
スタートで5番アジュバントが出遅れましたがその他は良いスタート。マイラプソディも好スタートを切りましたが押さえて後方へ。これは多くの人が予想していたと思います。
ココロノトウダシとビターエンダーの逃げ争い。馬場が悪いのを考慮してもスローな1000m通過は63.2。
3~4コーナーでルメール騎手鞍上の3番人気ダーリントンホールがポジションを上げる。スローな流れを考えての事でしょう。
マイラプソディは後方2~3番手。少頭数なのでこれでも前からは7~8番手なので特に問題にはならないと思いました。

直線に入ってビターエンダーとダーリントンホールが抜けだし、外から2番人気フィリオアレグロとマイラプソディが伸びてくる・・・・と思われましたが、この2頭が共に伸びあぐねる形に。むしろ残り100では前2頭に離される感じになりました。
マイラプソディは3着争いにも敗れて4着。まさかの馬券外でした。それも後方からの競馬をしたにも関わらず、上がり3ハロンは勝ち馬に負け2着馬と同タイムと言う内容でした。

マイラプソディの敗因

武豊騎手が「展開が向かなかったにしても伸びなかった。わからない」とコメントしていたので、道悪下手や故障等が原因では無いようです。

ではなぜ馬券外になるほど負けたのか。考えられる理由はいくつかあると思います。

1つ目は、時計がかかる馬場にしては上がりが速い競馬になったことでしょうか。
9Rの初音ステークスでは勝ち馬の上がりは34.7ですが、後方から差してきたものでレースの上がりは35.4でした。共同通信杯は34.3です。マイラプソディの位置からだと33.5ぐらいの脚を使わないと勝てない展開でした。
武豊騎手とすれば普通に走れば差しきれるという考えだったんでしょうが、そこまでの脚を使える馬場状態ではなかったのかもしれません。

2つ目は、道悪はこなせたが馬が走る気を無くしてた場合です。可能性としてはあまり高くないと思いますが、走るのには支障がないが普段と違う感覚に嫌気がさした可能性があるのではないかと。
かなり昔ですが、リーチザクラウンがダービーで2着になったレースがあります。勝ち馬はロジユニヴァースでしたがかなりの道悪でのレースでした。
リーチザクラウンは気性に課題をかかえ、折り合いが難しい馬でした。ダービーの日は逃げましたが、掛かる所はなく道悪の鬼ロジユニヴァースには負けましたが2着に好走しました。
道悪を気にして走っていたため掛かからずに直線まで体力が残っていたんです。この様に馬場状態は馬の精神状態に影響を与える事があります。リーチザクラウンの時は道悪がプラスに出ましたが、マイラプソディはマイナスに出たのかもしれません。

3つ目は、単なる凡走です。
休み明けで特に理由もなく凡走しただけで、理由付けしようとしても無理なのかもしれません。

4つ目は、早熟です。
同じハーツクライ産駒のグレイルがデビュー2連勝で共同通信杯に望み、同じ様に圧倒的1人気で7着に敗退しました。その後クラシックでも結果が出せず勝鞍もありません。
他にもハーツクライ産駒でタイムフライヤーという馬が年末のホープフルステークスを勝ち、2歳時は5戦3勝2着2回という成績だったのに、クラシックは掲示板もなし。その後は勝鞍がありません。
今はダートに戦場を移し来週のフェブラリーSに出走します。
同じ父を持つマイラプソディもこの2頭と同じような成長曲線なのかもしれません。

個人的には1つ目か4つ目の可能性が高いと思っています。
1つ目なら次走は結果を出してくれるでしょう。皐月直行なのか、どこか使うのかわかりませんが。
4つ目ならしばらく馬券圏内は厳しいのかな・・・・

まとめ

競馬に絶対はないという事を改めて感じる一戦でした。武豊騎手は年初から重賞で1人気3回目ですがまだ未勝利。まさかこのまま年内重賞未勝利はないと思いますが、デビュー以来続いている連続重賞勝利は継続してほしいですね。
弥生賞に武豊騎手で予定しているサトノフラッグが結果を出したらどっち乗るんでしょう?
マイラプソディの馬主のキーファーズは武豊騎手のために欧州の馬を買うぐらいの武豊ファンですからねぇ。
凱旋門賞に乗るためにはマイラプソディを断るわけにはいかないか?
私的には本当のファンなら自分の所の馬と他の有力馬が重なった場合、騎手が他の有力馬のほうが勝つチャンスがあると思ったらそっちに乗ったら良いよ。って言うものだと思っていますけどどうなるでしょうか?

今年の共同通信杯は馬場が少し特殊だった事もあり、クラシックには直結しないように思います。
本番も似たような馬場状態になれば変わってくるかもしれませんが、他の有力馬が全てマイラプソディの様に凡走するとも思えないので・・・・・
まぁ、この時期の若駒は急に強くなるのもいてるので、私の現時点の感想なんてなんのアテにもなりませんけどね・・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました