【投資】米国ETF投資始めました

スポンサーリンク

米国ETF投資始めました

日本の高配当株投資に続いて、今回の下げに乗じて米国ETF投資を始めました。
手始めに50万円をドルに替えて購入です。
まだ株価の下げはあるかもしれませんが長期的にみれば誤差の範囲だと思うので、迷ってても仕方ないので買うことにしました。

米国ETFの買い方

今は色んな証券会社で取引サイトから円で直接買えるようになっていますが、為替手数料がそれなりにかかってしまうので(1ドルに付き25銭ぐらい)少し手間は掛かりますが、為替手数料の安い住信SBIネット銀行でドルに替えてからSBI証券にお金を移動して買うことにしました。
ちょうど住信SBIネット銀行で2月28日までの為替コスト0円キャンペーンをやっていたのでこの機会にやってみました。

SBI証券と連動しているハイブリッド預金から直接はドルに出来なくて、一度代表口座にお金を移動する必要がありましたがすんなりとドルを買えました。

次はドルをSBI証券に移すのですが、住信SBIネット銀行から行うのではなくSBI証券の方から操作します。これもやり方がわかれば簡単なものですぐにSBI証券にドルを移動できました。

私がSBI証券にドルを入金するまでにちょっと戸惑ったのは下記の2点です。

ドルをSBI証券に移動する際にわかりにくい点
・ハイブリッド預金から直接ドルにはできない。代表口座にお金を振替える必要がある。
・住信SBIネット銀行のドルをSBI証券に送る時は、SBI証券から入出金で操作する。

なにを買ったのか

当初は、SPYD VYM LQD VGT VIGの5つを購入ETFの候補にしていました。
色々悩んで結局はSPYD VYM そしてリストにないBNDの3つにしました。

SPYDとVYMを15万円分ぐらい買いました。BNDを10万円分ぐらい買おうと思ってたんですが指値が刺さらずまだ買えず。
今後も時期を見ながら同じ比率ぐらいで買い増ししていこうかと思います。

SPYD VYM BNDの3つにした理由

SPYDにした理由

やはり配当利回りが高い事が一番の理由です。
将来的に日本株も合わせて株価を気にせず入ってくる配当金額だけを気にするようにしたいので、配当利回りが高いのは魅力です。
設定日が2015年10月で日が浅く、長期のデータがありませんがS&P500構成銘柄の内配当利回りの高い銘柄80に大体均等に投資しているという事であれば特に問題にならないかと思っています。

VYMにした理由

約400社に分散投資されていて且つ高配当である事です。
さらによく比べられるSPYD・HDVと比較した場合、ハイパフォーマンスである事もあります(SPYD設定日以来)。
SPYDだけだと分散が足りてないように思うのでVYMかHDVかを組み入れたいと思っていました。
色々なブログを見てもSPYDと組み合わせるならHDVが良いとかVYMが良いとか書かれていますが、最終的には一番パフォーマンスが高かったVYMにしました。

BNDにした理由

株式ETFだけでなく債券ETFも組み入れたいと思っていました。指値の関係でまだ買えてませんが・・・
BNDに関しては株式ETFと違って最高値付近にあるので、下がってきてからの購入でいいかな?と思っています。それまではSPYDとVYMを買っていこうかと。

当初はLQDにするつもりでしたが、債券を組み入れる意味としてはリスクを低減するためというのがあるので、ポートフォリオとしてはよりローリスクなAGGかBNDにしたほうが良いのではないか?と思ったからです。
配当利回りだけをみればLQDの方が高いのですが、経費率はAGG・BNDが0.04%に対して0.15%と高いのもあり考えを変えました。

AGGかBNDでBNDにしたのは特に大きな意味はありません。
強いて言えばバンガードの方が良さそうだなぁ・・・って程度です。バンガード社のVTI・VTに投資したくて、iDeCoは楽天証券にしてますし。

VGT VIGを購入しなかった理由

VGTを購入しなかった理由

ここ数年のパフォーマンスはすごいですが、セクターが情報技術セクターのみなので分散が効かずにリスクが高めかなぁ・・・と思ったことです。今後も高いパフォーマンスを叩き出すかもしれませんが、あえてリスクは取らなくても十分かな、と思った次第です。
今後組み入れるかもしれませんがその場合でも比率は低く抑えるつもりです。

VIGを購入しなかった理由

連続増配銘柄に投資しているが、あくまでも連続増配が基準なため配当利回りが低い事です。
そして連続増配銘柄に投資なのに他のETFと比べて増配率(前年と比べて配当がどれだけ増えたか)が高いわけでも無いみたいなんですよね・・・
それならSPYDとVYMだけで十分かな?と思いました。

日本も信託報酬の安い、魅力的な高配当株ETFを出して欲しい

他にも米国ETFには信託報酬も安くパフォーマンスも良いのが一杯あるんですよね。高配当株に限らず債券でもインデックスでも。
バンガードなんて今でも信託報酬安いのに資金が集まったらその分また下げてきますもんね。すごいです。
どんな商売でも客に儲けさせて自分も儲ける。これが大事かなぁ、と思います。もちろん仕事を手伝ってくれる職人さんも事務の人にも、です。
自営業やってると特に、ですね。個人の信用だけでやっていってるようなもんですから。困った時に助けてもらうには普段からいいお付き合いをさせて貰ってないと。

日本も最近はインデックス投資信託とかETFはeMAXISを始め良いのが出てきてますが、高配当株ETFはまだちょっと・・・という感じです。
高配当株投資が色んな所で推薦されている今、いい高配当株ETF出したらバカ売れするだろうになぁ・・・

まとめ

初めて米国ETFを買いましたが思っていたより簡単でした。
ドル転してSBI証券に入金さえしてしまえば日本株を買うのとあまり変わらない感じです。ドルで買うので日本円でいくら分ぐらい買ってるのかを把握するのにちょっとだけ頭使うぐらいですね。
円貨取引を使えばその面倒もなくなりますが、すこしでもコストを下げるのは大事ですからここは頭を使うべき所。
あとは目先の株価はどうなるかは別にして、長期的には米国の株価はまだまだ上がっていくんだろうと思います。米国は株価が長期的に右肩上がりでないと成り立たない国だと思ってますし、これからもあらゆる手段を講じて株価を成長させて行くのではないでしょうか。





コメント

タイトルとURLをコピーしました