【小ネタ】時間を上手く使おう

小ネタ
スポンサーリンク

時は金なり

有名な諺ですね。由来は英語のTime is moneyからですが、普通にこっちも日本語としてタイムイズマネーで使いますね。
読んでそのまま「時間はお金」、つまり時間はお金と同じように大事で価値があるものですよ。って事ですね。

いや、そんなもんわかってるよ。とみなさん思うと思います。
でもホントに時間って大事にしてますか?
正直私は大事に出来ていない、と思う事が多いです。あの時間にもっとコレやってれば・・・アレやってれば・・・って事がいっぱいです。
わかっていても中々出来ないんですよね。やったほうが良いことだと思っていても、ゲームもしたいし昼寝もしたいしぼ~っともしたい。それが無駄な時間になってしまうと頭ではわかっていても出来ないですよね。

なので、私はプライベートの時間はあまり時間を無駄にしないことを気にせずに、仕事をしている間は時間を無駄にしない様にしようと心がけてます。
そうすれば早く仕事は終わるし、結果時間単価があがります。
サラリーマン時代に私が仕事が遅い人と思った人の多くは、単純に能力の問題がある人もいますが時間の使い方が下手な人が多いように思います。

空いた時間で出来ることをする

空いた時間、たとえば大きな容量のファイルを添付したメールを送っている時とか大きな容量のファイルを圧縮している時なんかありませんか?
そんなに長い時間ではないですが。送り終わるまで待っていたり圧縮が終わるまで待っていたりしませんか?
その間に次のメールを少しでも書いておくとかトイレに行くとか今日やることを書き出すとか色々と短い時間で出来ることがあります。

他には、私は看板業界にいた(現在進行系ですが)ので営業といえども現場に立ち会ったりすることがあります。朝から夕方まで立ち会う事になる場合もあります。
ある時一人の若い社員が18時や19時帰ってきて、今から〇〇をしないといけないから帰り遅くなる・・みたいな事を言っていました。たしかに会社に戻ってきてから会社のPCを使ってやらないと出来ない事もあります。でも、現場に立ち会っているからといってその間ずっと何も出来ないわけではありません。
今の時代、メールを贈ろうと思えばスマホから出来ますし、メールじゃなくても電話で済むもしくは電話で根回しや下準備が出来る仕事があるはずです。

その若い社員に「現場立ち会いしてる間なにしてたん?」って聞くと「作業をずっと見ていた」と言います。
現場立会をしているのだから作業を見て監督するのも立派な仕事です。
でもずっと片時も目を離さず見ていなければいけないわけではありません。作業員の休憩時間もあるはずです。
そういった時間を利用して少しでも仕事を片付けておく。
そうすれば夕方遅くに会社に戻っても、退社できる時間を早くすることが可能なはずです。

まとめ

業種や職種によって色々な形が考えられますが、意外と空いている時間と言うのはあるものだと思います。
普通の人間はなるべく仕事せずにいる時間を作りたいですからね。
ですが、その間に少しでも別のタスクを並行して進めていくようにするクセを付けておくと、仕事が速くなりますし特に意識せずにやれるようになっていくと思います。

サラリーマンだと仕事を早く片付けたからと言ってそれが正当に評価されるとは限らないのが悲しい所ですが、たとえそうであっても帰る時間を早く出来ればその分自分の時間に使えます。
フリーランスであれば単純に時間単価が増えますし、同時に受ける仕事の数も増やせて直接的に収入アップに繋がります。

ほんの少し意識するだけで結構変わってきますよ。





コメント

タイトルとURLをコピーしました