【健康】ピロリ菌検査

健康
スポンサーリンク

ピロリ菌検査に行ってきました。

父が胃癌で亡くなっている事もあり、以前から行こう行こうと思っていたピロリ菌検査へ行ってきました

ピロリ菌とは?

胃粘膜に生息していて胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃がんの原因になると言われている菌で年配の人ほど感染している率が高く若い人の感染率は低いらしい。感染していても除菌すれば上記病気にかかりにくくなるとか。

どんな検査をする?

胃カメラなどで胃潰瘍等の症状があれば保険が効くみたいなのですが、私はそうじゃなかったので自費で検査をすることに。ちなみに検査を自費でやると除菌も自費になるみたいです。
検査の方法は内視鏡を使うもの以外だと、尿素呼気試験法という息を集めて調べる方法と抗体検査(血や尿を検査する)と便を調べる方法があるとのこと。近くの病院に電話して、尿素呼気試験法と採血して抗体検査する方法の値段を確認。自費でもそんなに高くないな、という印象。
片方の方法で陰性だったとしても、もう一つの方法で陽性が出る事もあるらしい。医者からは
「1つ目の検査で陽性が出たら2つ目をする必要が無いし、どっちかやってその結果が陰性ならもう一つも念の為にやる方法もありますよ」
と言われたけれど、医者に行く回数が増える可能性があるし思ってたより安いので同時に両方の検査をして頂くことにしました。
尿素呼気試験法は、最初に息を取ります。その後錠剤を1錠飲んで左側を下にして寝転んで5分。その後座って15分。計20分経った後の息を取ります。その2つを比べてピロリ菌がいるかどうかを調べるみたい。
抗体検査の採血は尿素呼気試験法の座って待ってる時間を利用して採血。普段から献血に行ってるので血を抜かれるのは慣れてるので何事もなく終了。
結果は1週間後以降に聞きに来て、との事なので後日もう一回行かないと行けないけど健康のためには必要な労力なので仕方ない。国に払ってる年金と個人で掛けてる個人年金をたくさん貰って元を取るためには長生きしないといけないですからね。
胃カメラで胃炎が見つかった人や、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療中または治療した事がある人などは保険適用されるので検査に行って見てはどうでしょう?

いくらぐらいかかるの?

自費で尿素呼気試験法で7900円。血液抗体検査で5000円でした。
結果はまだ出てないので除菌の金額きっちりした金額はわかりませんが、15000円ぐらいらしいです。
一度の除菌がで駄目なら2回め、病院によっては3回目をしてくれる所もあるようです。それぞれ1回目の除菌と同じぐらい費用がかかるようです。
保険適用だとこれの3割ですね。この金額で胃潰瘍や胃がんのリスクがかなり減るのであればやらない手はないかと個人的には思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました