【個人事業主】独立した時の目標と今後

個人事業主
スポンサーリンク

なぜ独立したのか

元々独立したいとは思っていた

元々父が小さい会社を経営していて、その後も小さい会社ですが専務として経営サイドで働いているのを小さい頃から見ていたので、いつかは会社員ではなく独立してやりたいとは思っていました。
漠然とそう思っていただけで、具体的に独立してやっていくためにどうするなどのビジョンは全くありませんでした。
小さい看板屋で10数年働いて経験と知識を積んでいく中で、上から「え?それ俺の仕事?」みたいなものを振られる事もあったり、売上も利益も大きい現場を終わらせても特にボーナスが増える事もなく、給料も増えない状況になった時に

「やっぱり人に使われてちゃダメだな・・・」

と思ったのが独立への小さな一歩だったと思います。
ただその時に「じゃあやめて独立してやろう」とはなりませんでした。
理由は1つ。

「仕事を取ってくる自信が無かった」

からです。仕事さえあればそれをこなして、客先にある程度満足して貰えるだけの経験と知識はあるつもりでしたが、0から仕事を取ってくるという営業をした事がなかったので仕事を確保できるのか、という部分に自信が持てませんでした。

ただ、小さい看板屋で働いていて周囲に自分と同じような業務をしている人がおらず、自分は仕事が出来るのか出来ないのかを比較する対象もいないし、このままこの狭い世界で一生働いて良いのか?という思いが日に日に強くなっていきました。
そこで転職エージェントに登録し、どこか良いところがあれば転職しようと思い立ちました。

別業界への転職を希望していた

当初はどうせ転職するなら看板業界以外に、と思っていましたが、年齢的なものもあり、未経験・資格なしでは別業界への転職は難しく面接までは行くものの内定が頂けませんでした。
そんな状況の時にエージェントさんから看板業界大手の会社の紹介がありました。
当初は

「また看板業界かぁ・・・」

と乗り気では無かったのですが

「今の会社でずっと居てもなにも変わらないし、年齢的にも転職のチャンスは最後かもしれない」

と思って面接に行った所、トントン拍子に話が進み営業として採用され転職する事となりました。

同業大手でどれだけ凄い人達がいるんだろうと思っていた

同業で規模が全く違う大きな会社に進むことになり、正直周りにどれだけ自分より知識も経験もある人がいるんだろう・・・と思っていました。
今までの自分の経験・知識では全く太刀打ち出来ないのではないか・・・自分は役に立たないのではないか・・という不安がありました。

ですが、入社して働いてみると完全に逆でした。
周りの人があまり看板の知識を持っていないんです。自分の会社で設置されている看板がどうやって設置されているのか、中の照明はどうなっているのか、看板の構造がどうなっているのか、そういった部分をみんな知らないんです。それでも仕事は進んでいって終わっていきます。

小さい会社と違い大きい会社は分業になっていて、一人が関わる部分が一部になります。そのため、看板の細かい構造や電気の事、現場作業のための知識が無くても仕事が進んでいきます。
1つの案件でも自分が関われる部分が少なく

「もっとこうしたらコスト減らせられるのに」
「こういう構造にしたら現場作業する人が楽なのに」

と思う事が多々ありました。
客先も大きい所が多く、同じ規格の看板を別の現場で設置するというような仕事ばかりで、長く働いていても社内処理が上手くなるだけで何かスキルが身に付くという環境ではありませんでした。
私が10数年かけて培った看板の知識・経験が活かせる部分はほとんどなく、会社の体質的にも古い日本の会社という感じであまり合わず、ここで長年働き続けるのは無理だろうな、と感じる様になっていきました。

イメージとは全く違った大きい会社

正直、大きい会社というのはそれだけ優秀な人がいるんだろう、と思っていました。小さい会社の小さい世界しか知らなかったので、憧れも含めてそういうイメージでした。
ですが実際に働いてみると、むしろ小さい会社のほうが優秀な人が多いように感じられました。
なにをもって優秀とするか、にもよるので一概には言えないと思いますが、大手のほうがいわゆる「潰し」が効かない人が多いように感じました。

人間関係も悪くなく、オフィスもキレイで駅前で悪くない環境でしたが、思っていたよりも給料の伸びも期待できなさそうでしたし、そもそも仕事がつまらなかったので、辞める事を考えはじめました。
同世代と比べると決して高いと言える給料ではなかったので、「もっと稼ぎたい」という思いもありました。

「今からまた別の会社に行くの?行っても結局自分の思ったようには働けないからダメなんじゃないの?」

など色々自問自答をし、悩んだ末に独立することにしました。
大手で働いて今までよりも大規模な広い世界の人と接して、自分が思っていたよりも「世の中って仕事できない人でなりたっているんだ」と感じて、これなら独立してもやっていけるんじゃないか、と思ったのが大きかったです。

もちろん何も下準備をせずに独立したわけではなく、できる限りの根回しはしてから独立をすることにしました。
今となってはその時に根回しした所からの売上は極一部で独立してから開拓した客先の売上がほとんどにはなっていますが。

独立した当初の目標

会社員として働いていて、実際に達成できるかどうかは別にして年収1000万というのは1つの目標であり、憧れではないかと思います
高学歴で優良大企業に就職できた人にとっては働いていればいつか到達するレベルですが、そういった人達は世の中のマイノリティで、世の中の大部分の会社員にとっては遠い世界です。
中小零細だと役員でも年収1000万に届かない所のほうが多いんじゃないでしょうか?
正直、私があのまま一生会社員をしていても良いとこ600~700万まで行けたかどうかだったんじゃないかと思っています(極端なインフレでもあれば別ですが)。

独立した当初は上記の理由もありますし、どれだけ仕事が取れるのかの自信もそこまでなかったので、目標はこんな感じでした。

独立当初の目標
・いつか利益100万円以上の月を作る
・いつか年間利益1000万円を超える

会社員時代は月給30万とかそんな感じなので、ボーナス月でも額面で60万程度でした。
なので月に100万円というのはすごく大きい遠くて届かない目標に思っていました。
同じく年間1000万というのも、月平均だと約83万円。そんなにコンスタントに利益は出せないと思っていました。
そもそも独立当初は月100万の売上も行けるのか?という不安のほうが大きかったです。

実際に独立してみて

独立初年度は、年度途中からというのもありましたし、受注先が少ないのもあったので当然上記の目標は達成出来ませんでした。
そもそも上記の目標は

「いつか独立している間に達成したいな」

と思っていたものだったので、すぐに出来るものとは思ってもいなかったんです。

ですが、独立2年目に2つともクリアしてしまいました。正直、かなり予想外でした。
数年間は会社員時代より収入が減る事を覚悟して、月に最低どれだけ稼げば貯金を切り崩さなくていいかを考えたり、3年やって目処たたなかったらまた会社員するか・・・と考えたりしていたのですが、思いの外早く達成してしまいました。

さすがに2年目で目標をクリアするとは思ってもおらず、たまたま上手く行き過ぎただけだと思っていました。ところが翌3年目、昨年度になりますがさらに利益を上乗せすることが出来ました。
4年目の今年も3月までは好調なのでこのまま行けば3年連続1000万以上行けそうな感じですが、今の所4月以降の予定ががら空き状態なのでダメかも知れません・・・・

会社員時代の感覚での目標は低すぎた?

月100万、年間1000万というのは会社員の時に立てた目標でした。
まだ感覚が個人事業主ではなく会社員の時のもので、会社員のときには夢に近いものとしか思えない金額でした。
ですが、独立して2年目にはクリアして翌年度もクリア出来てしまいました。

会社員時代の感覚で立てた目標だったので、独立して個人でする場合の目標としては低すぎたのかもしれません。看板屋ではないにしても、フリーランスだと1000万以上稼いでいる人というのは一杯いますので。

低かったとしても、当初立てた目標をクリアしてしまったのでなにか次の目標というかステップに進まなければいけない・・・と最近は思っています。
ただ、個人で人を雇わず工場も持たずでやっているとここからもう一つステップを上がるのは難しいと感じているのも事実です。人を雇うなり工場を持つなり、なにか別事業を立ち上げるなりしないと次の段階には上がれないと感じています。
そうなると色々とリスクを取ることにもなるので、どうしようか・・・・と悩んでいます。

まさか当初の目標がこんなに早く無くなるとは思っていなかったので、最近明確な目標もなく、モチベーションが下がり気味になっています。
金額を目標にするのではなく、収入は減っても私自身の労働時間を減らして生活に不自由しない収入を確保する方向に持っていくとか色々と考えてはいるんですが、まだまだ考えがまとまらない状況です。

法人化して人を増やして規模を大きくするっていうのが、普通の次のステップなんだと思いますが人を雇って規模を大きくするっていうのにどうも抵抗があるんですよねぇ・・・・・

まぁ、とりあえずは頂いた眼の前の仕事をきっちり片付けて行く事にして、慌てずにじっくり次のステップを探して行こうかなと思います。





コメント

タイトルとURLをコピーしました