【個人事業主】新型コロナの影響で仕事の延期が出ました

個人事業主
スポンサーリンク

ついに直接的に新型コロナの影響が

政府が緊急事態宣言を出すという事で昨日辺りから「現場が止まるかもしれない」という連絡がちらほらくるようになりました。

今週入る予定だった現場で、少し前に出入りしている人に新型コロナに感染した人がいた現場がありました。
その現場は少しの間作業を中止していたため、その遅れが取り戻せず工程が後ろにズレた事による延期です。
本日今時点では現場は止まってはいないようなので、緊急事態宣言が出たから現場が延期になったわけではないんですけどね。

自宅から1キロあるかないかの所の飲食店が従業員が感染したとの事でしばらく休業していましたが、それでも私に直接的な影響はなにもありませんでしたので、今回初めて直接的に影響を受けました。

今後もしばらくは仕事に影響が出るかも?

現実的には、建築現場は現場で感染者が出ないと止めない所が多いような感じです。
なので、多少の遅れはあっても今動いている仕事が止まる・無くなると言うことは無さそうです。
ただ、看板業界全体の大きな客先である飲食店の売上がダウンしているので、これから先の仕事量には影響がありそうです。看板と言うのは直接店の運営に関わらないもののため、お金がないとメンテナンスも改修も後回しにされがちなんですよね・・・・
もちろん飲食店以外からの仕事量も業界全体で低下する事が十分考えられます。

売上低下による助成金はどうなるのか

今の所の話ですと1~3月の内どれかの月の売上が前年比で半減している場合に個人事業主で最大100万、中小企業で最大200万の助成金が出るような話です(世帯ごとに30万の助成金とは別の話)。

ただ、緊急事態宣言が今日発出し5月6日まで続くとなると、4月5月の売上に大きく影響がある所が多いと思うので、最終的には4月と5月も対象になるのではないかと個人的に推測してます。(4月7日追記 どうやら年内に収入が半減した月があると対象になる模様。収入なのか売上なのかは不明)

売上の半減をどう証明するのか、売上半減以外の要件は無いのか等詳細が気になる所です。

つくづく固定費のかからないやり方をしておいてよかった・・・

独立してから忙しい時期には、何度も

「小さくても工場あったらいいな・・・トラックあったらいいな・・・」

と思いましたが、その度にリスク増えるだけやから・・と思いとどまってきました。
工場を構えトラック、できればユニックを自前で持てばもっと事業を拡大して稼ぐ事も可能でしょうが、こういった不測の事態の時を恐れて極力固定費のかからない方法を貫いてきましたが、正解でした(工場を構えて大きく事業をしている人を否定しているわけではないですよ。正直羨ましいです。私にはそこまでの器がないだけの話)。

こういう状況になると、固定費が無い(少ない)というのは精神的に非常に楽です。
無利子無担保で融資を受けられるとしても、借金には変わりないですしね。
今回のようなウイルスによる仕事減は滅多にないでしょうが、他の要因で色々と仕事が極端に無い月や期間が出てくる事は今後も何度もあると思います。
そういった時に耐えられるように、仕事があるときは出来る限り詰めてこなしておかないとダメなんですよねぇ・・・





コメント

タイトルとURLをコピーしました