【健康】緑内障なんです

目薬健康
スポンサーリンク

緑内障とは

なんらかの原因で視神経が傷付き、視野が狭くなる・欠ける病気です。
眼圧の上昇が原因と言われていますが、眼圧が低くてもなる事も多いようで原因ははっきりしない部分もあるようです。
日本人の40歳以上の20人に1人は緑内障だと言われていますが、初期では自覚症状が無いため検査をしないと自分が緑内障である事に気付かない事が多いです。
視神経は傷がつくと二度と戻らないため、一度欠けた視野が戻る事はありません。進行が進むと失明に至りますが、基本的には進行は遅い事が多いので早期に発見し治療を行えば大きな視野欠損に至らない事も多いようです。

なぜ緑内障だとわかったか

以前勤めていた会社の健康診断では眼底検査がありませんでした。
独立して入った健康保険組合の健康診断の項目に眼底検査があり、その時に右目に緑内障性乳頭陥凹との所見があったので近くの眼科に行きました。

そこで検査をして貰った所、右目の視野が一部欠けており緑内障と診断されました。
欠けている部分は鼻の付け根あたりになりますが、ここの視野が欠けていると聞かされて意識してもその部分が見えていない事がわからない程度でした。
健康診断で眼底検査の項目がなければ今でも気付かなかったでしょう。

左目も視野の欠けはまだありませんが、検査の結果では視神経が傷ついている部分が見られるので要観察と言った感じでした。
今は3ヶ月に一回経過を確認しに眼科に通っている状態です。

どんな治療をしているか

私の場合は、眼圧を下げる目薬を一日一回さすだけです。当初は右目だけでしたが、左目が多少検査結果を見ると症状が広がっているように見えるので、今は両目にさしています。
右目に関しては、目薬をさすようになってからはほとんど症状は進行していない感じです。

一種類の目薬でだめな場合は複数使ったり、目薬で進行が止まらない場合は手術をする場合もあるようです。

40歳を超えている人は一度検査をしてみましょう

健康診断で眼底検査がある人はそのままでいいと思います。
眼底検査の項目が無い人で40歳を超えている人は一度眼科で検査をして貰った方が良いかと思います。なにせ一度欠けた視野は二度と戻らないですから。
早期に発見できれば死ぬまでほとんど自覚症状無く過ごせる可能性があります。
症状を自覚できるぐらいになっているとかなり進行している状態なので、最悪失明してしまします。
検査自体初診料入れても数千円ですし、痛みもないので行くことをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました