【小ネタ】日本のマスコミの酷さ・異常さ。フェイクニュースに注意。

フェイクニュース小ネタ
スポンサーリンク

まとめサイトの記事紹介で申し訳ないが・・・

まとめサイトでこんなのがありました

まとめサイトでこんな記事がありました。

現場の生の声を伝えたいと言って取材を申し込んでおきながら、言っている内容を正しく伝えず、編集することで全く逆の意見を言っているように捏造。
放送局が求める意見以外のものはこうやって捏造されて世間に報道されてるわけです。
こういった事例は過去に他の方も発信されているのでテレビ業界では当たり前の事になっているんだと思います

テレビ朝日の捏造報道により、このインタビューに答えてくださった方の印象も悪くなりますし、そもそも必要がないPCR検査増(参考記事)を必要という誤った知識を一般庶民に植え付けます。

海外から帰国し、日本で新型コロナ対策に従事してくれている医者に対してあまりにもリスペクトがかける行為です。
なぜどうしてもPCR検査を増やしたいのか。どうしても日本の医療を崩壊させたいのでしょうか?

この現代でテレビの情報を信用するのは情弱すぎる

ネットの情報が正しいとは言いません。
ただ以前のネットがない時代に比べると、当事者が実名で発信できるようになり、今回のような事例が表に出てくるようになっています。
今この時代にネットを最低限使えていない人はこういった当事者が公共の電波で発信できない情報・意見・想いを拾えない状態です。
テレビ朝日に限らず、ほかの番組でも不自然なほど意見の偏った報道が見られ、それに対する反対意見がほとんど報道されない状態です。

少ない事例としてはひるおびの八代弁護士ぐらいでしょうか(参考記事)。
こちらの記事の場合は捏造ではなく、都合の悪い部分は一切報道せずに視聴者のミスリードを誘う手法ですね。
ほんと報道機関には事実を淡々と説明することに集中して貰いたい。
まぁワイドショーは報道番組ではなく、その名の通りショーなんでしょうけど、世間のテレビばっかり見る層にとってはそれが世間の真実になっちゃってますからね。
そういった人たちが「自分はテレビ局に操りやすい馬鹿と思われている」層だと気付いてくれれば良いんですけどね・・・・

今でこそネットがあるけれど

今はネットがあって、当事者が反論したり意見を言えるけども、ネットがない時代はそれがほぼ不可能でした。
となると、自分が小さい頃、高校生以下の時のテレビから得ていた情報ってテレビ局が選別した偏った情報だってことなんですよね。
その頃とそれ以前の社会ってどれだけテレビ局の流す捏造だったり、都合の部分をカットした報道に流されていたんでしょう?
ネットが発達している今の時代でさえ、相当数の人が流されている事を考えると恐ろしく感じます。

テレビに限らず新聞でも平気でフェイクニュースを流すのが現実です(たとえばこちらのニュース)。河野防衛相がすぐに否定のコメントを出しています(こちら)。
探せば他にも事例は色々とあります。有名なのは朝日新聞の珊瑚記事捏造事件でしょうか。

今だからツイッターで大臣自らコメントを発表出来るけれども、一昔前なら否定のコメントもテレビ・新聞を通じてしか国民に伝えられなかったんですから、否定のコメント自体が報道されないとか編集されて一部が切り取られて報道される可能性もあるわけです。

今の時代はとにかく複数のソースを当たること。

テレビのすべてが捏造や情報カットしてるわけではないと思います(せめてそうと思いたい)。
ネットもデマなんてのはいくらでもあります。
今の時代、ネットだけでも同じ事例で複数の別角度からの意見やソースなどが簡単に確認できます。
どんな内容であっても一つの記事・情報源だけで信じる事無く、複数の記事・媒体を確認し自分の頭で考える事が重要だと思います。
特に関係者本人がSNSで情報を発信している場合は、そちらを確認する事が大事かと思います(上記の河野防衛相のように)。

「信じるということ」が出来ないのは悲しい状態でもありますが、謝った情報を信じてしまうのは良いことではありません。
今回の取材を受けた医者のように、捏造によっていわれなき批判を受けることがあります。つまり、謝った情報をあなた信じるという行為は人を傷つけている可能性があるという事でもあります。
そしてそれを友人・知人に話してしまうと謝った情報の拡散を手助けしている事にもなってしまいます。

他にもあるマスメディアのミスリードを誘う方法

他に日本のマスメディアが使う手法に、自分のお抱えの人に海外メディアでも発言させて、あたかも海外メディアも日本を批判しているように見せかけるやり方です。
例えば、朝日系は良く海外で日本が非難・批判されているといって、海外のマスメディアもこう報道してる!などと言っていますが、そういった報道は日本で朝日系の息の掛かった人が日本国内で発言した内容を取り上げていたり、その人が海外で発言しただけだったりします。
自分たちが信じたい事をあたかも海外のメディアもそう言っている!!と視聴者に誤認させようとしています。
直近だとこの記事。この記事では伏せられているが原文を読めばProfessor Kenji Shibuyaという名前が出てきます。この渋谷健司という人は日本批判を繰り返す謎の海外在住の日本人で、日本のマスメディアに登場する時はWHO事務局最上級顧問という肩書で紹介される。が、先程Professor Kenji Shibuyaと書いたように海外のメディアに登場する際はWHO事務局最上級顧問という肩書は使われません。
多くの場合この人が日本でも海外でも発言しているだけなのだから、海外のマスメディアにかかれている記事の内容が日本での朝日系の記事と同じ内容なのは当たり前の事で、決して海外のマスメディアが日本を非難・批判しているわけでは無かったりします。
上記の記事でも原文では、他の複数の人の意見も書かれているのだが朝日新聞は渋谷健司の記事のみを紹介してミスリードさせようとしています。
これも日本のマスメディアが自分たちに都合の良い部分だけを切り取って報道している部分ですね。

とにかくどこからの情報でも誰からの情報でも素直に信じるのは危険な世の中です。
友人からなんらかの情報を聞いても、その場は空気を壊さないように話を合わせて、後から自分で調べて正しいのか信じるに値するのかを調べるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました