【個人事業主】個人事業主は通帳を分けるべきか?

個人事業主
スポンサーリンク

個人の通帳と仕事の通帳はわけるべきか?

サラリーマンから独立してフリーランス()としてやっていく事になった場合、仕事と個人のお金の出入りをどう管理するべきでしょうか?
同じ通帳でプライベートと仕事のお金の出入りを一緒にすると帳簿をつけたり確定申告がめんどくさくなるのもあるので、個人的には分けるべきだと思います。

元々個人名の口座を2つ以上持っているのであれば、どれか一つを仕事用として使ってもいいと思います。
私は独立を機会に仕事用に屋号付きの口座を作りました。

クレジットカードも分けた方が良い

口座だけでなく、クレジットカードもプライベートと仕事用とわけたほうが良いと思います。先にも書いたように帳簿とか確定申告の事を考えても、最初に少し時間をかけて分けておいた方が後の手間がずっと楽になります。
クレジットカードの場合は銀行口座と違い屋号を付けて作る必要はありません。そもそもカードに屋号って入れて貰えるのかな・・・・法人カードなら会社名入るでしょうが、大体個人より年会費とか高かったりしますし、不要かと思います。
個人名義のすでに持っているカードを開業後に使い分けするか、一つ新しく個人名義で作ればいいと思います。

屋号付き口座の作り方

私は三井住友銀行で作りました。個人の口座も三井住友銀行なもんで。
あと都市銀行の中では三井住友銀行が一番屋号付き口座が作りやすそうだったのもあります。
私は実際には三井住友銀行にしか行っていないので確実な事かどうかはわかりませんが、三大メガバンクの屋号付き口座開設の対応は下記のような感じになっているみたいです。

三菱UFJ銀行

本人確認書類・開業届の控え・印鑑・口座開設時に入金するお金
その他に屋号付きの公共料金の領収書や賃貸借契約書などが必要という話もありますが、開業届の控えがあれば無くても開設できた、という話もあります。

みずほ銀行

来店初回時に屋号付き口座を解説するのは不可のようです。
初回来店時に本人確認書類と印鑑を持参。ヒアリングを行って偽日書類提出という流れみたいですね。
個人口座扱いとなるので、すでに個人口座を持っている場合は屋号付き口座の開設は難しいようです。

三井住友銀行

本人確認書類・印鑑・開業届の控え(原本)・口座開設時に入金するお金
開業届の控えはコピーではなく原本が必要です。三菱UFJ銀行はどうなんだろ?
すでに三井住友銀行に個人口座があっても、屋号付きの口座は別に開設可能です。

私の場合、昔のバイト先で作った合併前の銀行で作ってた口座とか自分で把握していない口座が2個ほどあり、
「個人名義含め口座は2つまでなので、そちらの解約をしてからでないと屋号付き口座は開設出来ない」
と言われましたが、その場で不要な口座2つを解約して残金も既存の口座に入金する手続きをして頂けて、即日屋号付き口座を開設する事が出来ました。

屋号付き口座の開設は意外は簡単

屋号付き口座の開設は思っていたより簡単でした。三井住友銀行で開設の場合、普通に個人の口座を作るのと違ったのは開業届の控えが必要だった事ぐらいでしょうか。

メガバンクだけでなく、ネットバンクであれば楽天銀行やジャパンネット銀行でも開設可能なようです。りそな銀行も可能だそうです。
信用金庫や地方銀行でも開設可能な所もあるみたいなので、近くにメガバンクやりそな銀行がない場合は聞いてみるのもいいかもしれません。

口座は分けたほうが絶対に便利なので屋号付き口座を作らないまでも分けて管理しましょう。売上が少ない内はどうにかなっても、仕事が増えてくると混乱してきます。
万一税務調査が入った場合などもめんどくさいしややこしくなりますからね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました