【健康】レーシックしてます

健康
スポンサーリンク

15年ぐらい前にレーシックしました

正確な年月日は忘れましたが、大体15年ぐらい前にレーシックをしました。
当時かなり視力が悪く、両目共0.1どころか0.01程度しかありませんでした。
メガネかコンタクトレンズがない状態だとほとんど何も識別出来ない状態でした。
メガネでも目が疲れ、コンタクトレンズも目が乾き、頭痛・肩こりの原因になっていました。
その時にオルソケラトロジーという寝ている間にコンタクトレンズを付けて、角膜を矯正し日中は裸眼で過ごすことができる、という近視矯正法を知りました。
たまたま近くの眼科の看板工事をしたことがあり、その看板にレーシックと書かれていたのを覚えていたので、調べてみるとオルソケラトロジーもやっていたので予約して行くことにしたのでした。

オルソケラトロジーはおすすめされなかった

当日眼科にてオルソケラトロジーを希望することを伝え話をしました。
オルソケラトロジーは、若くてまだ成長途上でレーシックをしても眼球も成長し視力の低下が考えられる人がレーシックまでの繋ぎにするべきものなのでおすすめしない。と言われました。
手術は嫌だったので「いやぁでもレーシックはちょっと・・・・」という話をしていたのですが、色々と話を聞き最終的には説得されたような形でレーシックをすることにしました。
よく言われる事に「眼科医はレーシックをせずにメガネをかけている。だからレーシックは危険で信用できない」というのがありますが、私が施術して頂いた所は眼科医本人もレーシックしてましたし、看護師さん(眼科の場合も看護師でいいのかな?)もレーシックしている人が何人かいてました。

一晩考えてから返事しようかとも思ったのですが、一回帰ると怖さが先行してやらないってなりそうだったので、その場で即返事をして1週間後に手術して貰うことになりました。
平日でしたが、職場に休みとは言ってないので予約をした後にすぐ連絡をして有給を貰いました。

レーシックの術式

今はどうなのかわかりませんが、当時は大きく分けてレーザーで角膜を切ってめくって矯正する方法とマイクロケラトームと呼ばれるメスというかカンナみたいなもので角膜を切って矯正する方法と2種類ありました。
角膜自体を削るのはどちらもレーザーです。
どっちがいいというのは当時からいろんな意見があり、当然どこの眼科のHPをみても自分の所が取り扱っている術式のメリットが書いてあるわけです。
レーザーで切る方は、コンピューターで切るので術者の腕に左右されない。安価。を利点にしている所が多かったです。
マイクロケラトームで切る所は、レーザーよりも切り口がきれいなので術後の視野が良好・後遺症が少ない。というのを利点にしているようでした。
まぁサイトによっては、レーザーのほうが切り口がきれいと書いてある所もあったので実際はどうなのかわかりませんが・・・・

最終的に私は当時ほぼ最先端だったと思われるウェーブフロントレーシックと言われる眼球の歪みをコンピューターで解析し、ハロ(光を見ると周りに輪のような光が見える)やグレア(光を本来より眩しく感じる)が少ないもので施術してもらいました。
手術中も眼球の動きを追尾し、眼球が動いたら即座にレーザーが止まり続きから再スタートできるものでした。
お値段確か両目で48万円!!
イントラレーシックで安いところだと両目で10数万円の所もありましたから、相当高いレーシックです。
目のことなんで安いのでやって、思ってた感じと違う・・・ってなってもやり直せないし、それなら多少高くても最先端で・・・と考えて決めました。
まぁ最先端だと言っても、術後にやり直しができるわけではないので、10数万のと出来が比べられないのでどっちが良かったのかははっきり言えない所ではありますが。
自分を納得させるための金額みたいなもんですね。

ただ、一つ言えるのは安いところだと術後の経過を見てくれる日数が少なかったりします。術後数回、数カ月後までは検査してくれても、それ以後は別料金だったりします。
あとは行く度に違う医者だったり、流れ作業的に短時間で片付けられたりもあるそうです。
私の施術して頂いた所は有名なプロ野球選手が施術したことがある眼科でもあるのですが、術後眼科があるかぎり1年に一回の定期点検は無料です。視力の著しい低下による再手術も無料です。
再手術は角膜の厚みによっては不可の場合もありますが。

手術までの日々

日によって手術の恐怖とあと数日でコンタクトもメガネもいらないんだという期待が交互にくるような感じでした。
手術前日は、期待と楽しみがほとんどを締めていたのを覚えています。
手術前の1週間だったかな?は、コンタクトレンズの使用は禁止でした。コンタクトレンズをつけていると角膜の形状が変わるので手術の際に正しい角膜のデータが取れないのだとか。

手術当日

言われていた時間に行き、精神安定剤といわれ錠剤を渡されました。
正直、これ何の効果もないタダの錠剤でプラシーボ狙ってるんやろ、と思うもそれは口に出さず素直に飲んどきました。効果があったのかはよくわかりません。

その後点眼麻酔をして麻酔が効くまでしばらく待機。その後自らの脚で歩いて手術室へ。当然メガネもしていないのでほとんどなにも認識できない状態でした。
手術台に寝転ぶと当然天井はぼやーとしてて、天井があるな、ぐらいしかわかりません。
そして照明が落とされ手術開始。

片目ずつ手術が行われていきます。
まずはまぶたを目一杯開いた状態で固定されます。当然そのままだと目が乾くので生理食塩水(と思われる)物がかけられます。
次に角膜をカットしてめくる工程にはいるのですが、何かの機械が目ン玉にぐいっと押し付けられます。そして音とともに目の前を影が行ったり来たりします。
角膜をカットしている刃の影ですね。想像すると痛々しいのですが、実際には目ン玉にくっついている状態なので刃だと認識できませんし、痛みもありません。

そして次に角膜をレーザーで焼いて矯正していきます。私は前述の通り視力がかなり悪かったので、1分20秒ぐらい焼いてました。視力が悪いほど矯正する量が増えるので長くなります。この矯正時間は結構長いほうだと言われました。
多少焦げ臭い匂いがしますが、痛みはありませんでした。
術中は眼球が動かないように目の前の光を見つめておくように言われるのですが、どうしても眼球が動いてしまい、2~3回ストップしてしまいました。
それがどの程度精度に影響してしまうものなのかわかりませんが、両目合わせて5分もかからずに手術は無事終わりました。

照明が点いた瞬間から天井・壁がきちんと見える!!

手術が終わり照明が点きます。その瞬間、術前には見えなかった天井・壁・床その他諸々が見えます。びっくりしました。ほんの数分前まで見えなかったのが見えるんですから。ただ視界は全体的に少し白いモヤがかかったような感じでした。

その後、しばらく染みるような痛みがあるかもしれないから、目を閉じてゆっくり安静にしててください。と言われ個室で待機。
しかし全く痛みがなく、トイレに行きたくなったので歩いて受付に行き、
「トイレどこですか?}
と聞くと
「え?なんともないんですか?痛みとかないですか?」
と驚かれ
「何もないですけど」
と答えると
「じゃぁ帰っても大丈夫です」
と言われて帰途につきました。
術後しばらくはかなり眩しく感じること、日中はサングラスをかけて日光から目を守ることなどいくつか注意点を言われました。一応、帰りにサングラスを一つプレゼントされるのですが、普通のがなくどれもこれも浜崎あゆみが付けてそうな感じのやつばかりでした。
とりあえずその日は仕方ないのでそれを付けて帰りましたが、後日すぐに普通のサングラスを買いました。

手術の翌日と3日後と1週間後だったかな?検査にいって、その次は一ヶ月後ぐらいだったかな?そして三ヶ月後半年後一年後と検査に行く感じだったと記憶しています

帰宅後

一旦めくった角膜がきちんとくっつくまで、寝ているときに無意識に目をさわったりしないようにガードするプラスチックを付けて寝る必要がありました。
お風呂も水が目に入らないように注意が必要です。

そしてそのお風呂。お風呂って目が悪い人は大体メガネならメガネ外して、コンタクトならコンタクト外して入ると思うんですよ。だから風呂場って目が悪い状態で見る事が多いんですね。
目が見える状態でお風呂場に入ったら、浴室の壁が汚い!!いままで見えてなかったから気にならなかったけど汚い!!
てことで、手術から帰ったその日に浴室の壁洗ったの覚えてます。

術後の経過~現在まで

後遺症がまったくないわけではありません。
ドライアイ気味ですし、ハロは多少今でもあります。ただグレアに関しては現在はほとんどありません。
術後1ヶ月ぐらいはかなり眩しかったです。晴天の日などはものすごく明るく、今日はえらい明るいなぁ・・・・と思ってたら、そうじゃなくて手術後で余分に明るく見えてるだけだったって事がありました。
数カ月後にはグレアはほぼ気にならないレベルに落ち着きました。
ドライアイに関しては、コンタクトをしていた時もドライアイだったので特に術後に悪化したわけではなく、気にならないです。
頭痛・肩こりは格段に減りました。これはほんとに大きかったです。
後は仕事柄夜勤が多いのでコンタクトじゃなくなったのは大きいです。夜眠気と格闘しながらコンタクトしてるとめちゃくちゃ乾くんですよね。メガネは現場仕事では結構邪魔ですし。

視力は術後に両目とも1.5ぐらいで、今でも健康診断で視力検査をすると1.2~1.5ぐらいです。その日の調子で多少変わりますが。人によってはそれなりに視力低下するようですが、幸い私はほとんど低下していません。
PCを見る時間が結構長いので、ここまで視力が落ちないのは意外ではありました。

私が手術をした翌年か翌々年にレーシック手術による集団感染のニュースがありました

当時は結構ニュースで取り上げられていたので覚えている人もいるかと思います。
東京の眼科での事件でした。
使い切りの器具を再利用したり、殺菌がきちんと行われていなかったりかなり杜撰な管理だったようです。価格もかなり安価だったと記憶しています。
このニュースでレーシックは危険という意識がかなり広まってしまったように思います。その結果2008年には45万件あった手術が2014年には5万件に激減したそうです。

レーシック自体はアメリカでは空文パイロットやNASAの宇宙飛行士の適合検査で認められるなど、視力矯正法としては確立された物ではあります。
世界的に有名なプロゴルファー、タイガーウッズもレーシックをしています。手術後立て続けに優勝しました。「カップがバケツに見える」と発言して話題にもなりました。その後は視界がぼやける等の症状が出て再手術してましたけどね。タイガー・ウッズはレーシックに失敗した、と書かれている記事もありますが、元々かなりの近視だったこともあり、術後に視力が低下しただけのようにも思います。
近年はマスターズ優勝などもしてますしね。

ただ、あくまでもきちんとした技術・知識のある眼科で行った場合に安全性と効果が確立されている。という事は忘れてはいけない点です。
安価で眼科専門医でない美容整形系での手術は到底おすすめできるものでは無いと思います。

さらに今ではレーシックに代わるものとして眼内コンタクトレンズ(ICL)というものもあるので、手術による視力矯正を考えている人は信頼のできる眼科医に相談してじっくり考えて決めたほうが良いと思います。
ICLのほうがレーシックより高価な事もあり、レーシックが一時爆発的に普及したのと比べるとあまり普及はしていないようですね。

現時点では人生有数の有意義なお金の使い方だったと思っています

レーシックは週刊誌などで失敗談が大々的に書かれ、ネット上でも危ないもの・やるのは情弱みたいな論調で、肯定的な意見を書き込めば「眼科の回し者」扱いされます。
ですが、私個人としてはこれまでの人生の中で一番良いお金の使い方だったと思っています。
視力低下の無い裸眼で見えている世界とは今私が見ている世界は見え方が違うとは思います。
それでもメガネ・コンタクトのわずらわしさから解放されたこと、頭痛・肩こりから解放されたこと、コンタクトは2weekアキュビューを使っていたので、ランニングコストを考えると元が取れること、etcを総合してやってよかったと思っています。

ただ、だからといって私がやってよかったから他人にもやったほうがいいよ、とはオススメできません。なにせ眼の事ですから万一なにか合っても責任は取れませんし。
あくまでも実際に手術をした私個人の体験であり感想であり、悩んでやると決めた人、もしくはやろうか迷っている人がいれば、ご連絡頂ければ私が施術して頂いた眼科を教える程度はしますよ、ってぐらいです。

メガネ・コンタクトで不便を感じない人はあえて眼にメスを入れる必要は絶対にないと思います。メガネ・コンタクトが日常生活でストレスになっている人は一考の余地あり、と言った感じでしょうか。

近視にならない事が一番なので、みなさん生活習慣には気をつけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました