【キャリア】生活できるだけのお金が稼げれば良いは危険

キャリア
スポンサーリンク

人間生きていくだけのお金が稼げればいいは危険

最近は出世も望まないし、給料も高くなくて良いからなるべく気楽に働きたい。という考えの人が増えているようです。
私も気楽に働きたいですし、しんどい思いをしてまでお金稼ぎたくねーよ・・・・社畜のなにが楽し~んだよ・・・ってのもよくわかります。
でも、だからって生活できるだけのお金を稼げれば良いっていうのはちょっとどころかだいぶ危険な考えだと思います。

今回の新型コロナで同じ様に思った人もいるのでは?

ほとんどの人が想像していなかった新型コロナの感染拡大で休業要請やその他要員で収入が減った人は多くいると思います。ボーナスが減額や出ないという人も多いでしょう。
これまで生活できるだけの金があったらええねん。という意識で生きてきてその最低限お金が入ってこない状況が目前に来て、慌て焦る状況になってしまったのではないでしょうか?そうなると「給付金が遅い」だのなんだのと役所に電話したり恥ずかしく騒ぐ羽目になります。お金に余裕があればそんなことでいちいち問い合わせる必要もないですし、騒ぐ必要も無いんですよね。
金持ち喧嘩せずってやつです。いや、実際は金持ちで裁判沙汰やらなんやら揉めてる人いっぱいいるんでしょうけども。
まぁとりあえず現政権に文句言いたいだけで言ってる人も多いでしょうが。

私は学生の頃から、常にある程度財布に余裕が無いと不安でした。何かのきっかけで収入が無くなれば生活していくのが苦しくなるんですから。
だから学生時代から貯蓄はしている方でしたし、貯蓄をしない人の事が信じられませんでした。今でもそうですが、宵越しの銭は持たないとか信じられない思考でした。

今の世の中リストラは当たり前だし、いつ倒産するかもわからないし、終身雇用も無いし、これにくわえて国からの休業要請なんてもんまで出てきたとなったら、いつ収入が途絶えるかわかりません。
失業保険や生活保護があると言っても、額が低かったり雇用形態によっては失業保険貰えなかったり、生活保護を受けようにも健康で若ければとりあえず職探すのが先になりますし。

お金の余裕は心の余裕も産む

普段の生活で必要以上に節制してストレスを感じてまでお金を貯める必要はありませんが、お金の余裕は心の余裕を産みます。
仕事を辞めても数ヶ月や1年は生活できるという貯蓄があれば、仕事で嫌な事があっても「ほんとに嫌なら辞めたらいいねん。しばらくは生活できるし」と余裕があるので流す事ができます。逆に辞めてもしばらくは大丈夫だからと言いたいことを言えるという事もあります。
今月の給料が入らないと来月生活できない、みたいな状況だと常にお金の事がストレスになるのでちょっと嫌な事があるだけでストレスが増大してしまいます。

なにいうてんねんこいつ。おれはいつでも辞めたってもええねんぞ。

こう思えるぐらいの余裕があったほうが、仕事にも人に対する当たりも余裕が出ます。
ご飯も食べたいものを我慢せずに食べられます。毎日お昼ごはんはいくらまでって制限なんかもいりません。
あ、奥さんがお弁当作ってくれる人なんかはそんなの関係無しにお弁当食べてくださいね。そのほうが幸せでしょうし金銭的にも安いでしょうし。

日本は「お金を稼ぐ事は浅ましいこと」みたいな風潮がいまだに残っていますが、資本主義社会で生きている以上、お金がある事は正義なんですよね。

20代に頑張ればその後はある程度惰性で行ける!!

ある程度の貯蓄が出来てくるとその後はどんどん増えていきます。最初に100万貯めるのが大変でそこを突破すると200万300万は比較的楽にいけるようになるかと。
収入を増やすには普通の人なら仕事で頑張って出世するとか残業代を稼ぐしか無いでしょう。特に若い頃20代は仕事を頑張るべきだと思っています。

20代の頃は吸収も速いですし、やる仕事も新鮮で学ぶことが多いと思います。20代に頑張って仕事を覚えて吸収していれば30代以降はその惰性でやっていけると思っています。ぶっちゃけ私がそんな感じです。

20代30代はお世辞にも稼ぎが良かったとは言えません。特別悪くはなかったと思いますが、せいぜい同年代の中央値付近でした。
ですが、20代に頑張って得た知識と経験を30代に惰性で伸ばし、40代になって一気に収入が増えました。会社の名前に頼らずとも自分で仕事を探しにいって仕事を貰えるだけの実績と自信も付きました。
この今の状況は20代に頑張ったからだと思っています。正直30代は仕事にも飽きが来ていましたし、上がらない給料・しょーもない日常業務で仕事に対してやる気のない時期のほうが多かったと思います。20代の頃は今思ってもほんとやる気ありましたもんね・・・。

まずは本業で!!

だからといって収入を増やすために怪しげな商材や簡単にできそうな副業的な物に一所懸命になるのはオススメしません。ネット上では副業で何十万!!みたいな情報もありますが、ああいうのでうまくいくのはほんの一握りです。YouTuberもそうですね。そういったものでそれなりの稼ぎを出すには普通に働くよりも地味に一所懸命やる必要があったりします。
とりあえずはまず本業をしっかり。それからなにか副業に手を出すのは良いと思います。

とりあえずお金は大事!!

生活するのに絶対に必要なお金。サラリーマンなら会社も自分も無事なら毎月入ってくるお金ですが、どちらかになにかが起きると途端に入らなくなってしまいます。
ただ多くの人はその収入が無くなるという事を現実的に考えていません。それが現実のものとなった時、なりそうになった時に慌てて貯蓄がないことに焦るんです。
そうならないように常に貯蓄し、無収入でも生きていける期間を増やし、心の余裕を産み出す事が仕事にも人間関係にも余裕を生み好循環を生み出します。

そのためにも生活できるだけのお金を稼げればいいや、じゃなくて、少しでも多く稼げるように努力したほうが良いと思います。若い内は仕事が比較的簡単に見つけられてそれでも行けるかもしれませんが、年を重ねていくと仕事を見つけるのも難しくなってきます。給料は安いのにしんどい仕事に付かざるを得なくなってきたりもします。

気楽に生活できるだけのお金を稼げればいいはずだったのに、生活するためにしんどい、やりたくもない仕事をする事になりかねませんからね。

若いうちに仕事は頑張りましょう。その経験はあなたの一生の財産になります。



コメント

タイトルとURLをコピーしました