【小ネタ】天気予報が違いすぎる

小ネタ
スポンサーリンク

明後日の天気予報なのに予報が違いすぎる・・・・

1995年までは天気予報は気象庁が発表するものだけでした。各社が新聞やテレビ等で公表する天気予報は気象庁が発表したものだったので、どこで天気予報を見ても聞いても同じでした。
今は民間が予報をする事が認められ、許可を持っていれば予報を発表できるようになっています。
そのため見る天気予報によって大元の情報が違うため、同じ日時場所の天気予報でも違いが出てくるようになっているわけです。

天気予報を発表している主な所はどこ?

メジャーどころだと
・気象庁
・ウェザーニューズ
・日本気象協会
と言った所でしょうか
テレビ局なども許可を持っていたり、市で許可を持っている所もあります。
調べてると個人で許可を持っている人もいるみたいですね。

気象庁は皆さんご存知の国ですね。
ウェザーニューズも有名なので知っている人も多いでしょう。
日本気象協会はYahoo!天気予報が利用されているようです。

私は今はメインがYahoo!天気予報で他二つを補助的に見ている感じです。
以前はウェザーニューズだったのですが、翌日の1時間毎天気などが大外れする事が続いてYahoo!に乗り換えました。

で、今回のメイン

上記の理由で今はサイトによって天気予報が違います。ただ、大体は曇り予報が曇り時々雨だったり、雨の降り始める時間が少しずれていたりって感じで、大きくは変わりません。特に1日後や2日後のものであれば、あまり違いが無いことがほとんでです。
ですが、今回は違いました。

左がウェザーニューズ、右がYahoo!です。
同じ日時場所(大阪のとある都市)の1時間ごと予報です(7月4日 18時頃の物)。
※追記 4日の23時時点では、Yahoo!の方も大雨に変わりました

ウェザーニューズでは5~9ミリの雨予報になっていて、Yahoo!天気予報ではその期間ずっと曇り予報です。
これでウェザーニューズが1ミリの雨予報ならまだたまには見るレベルの違いだと思いますが、2日後の予報で土砂降りの雨予報と曇り予報の差ってのは中々お目にかかれるレベルではないように思います。

なぜ明後日の天気をそんなに気にするのか

それは明後日にお店の営業開始時間までに終わらせる必要のある仕事があるんですが、小雨程度ならなんとかなりますが1ミリ以上降るようだとちょっと作業内容的に厳しいんですよね。
それで月曜日中止にして延期するかどうするか、を決める瀬戸際一歩手前なわけです。
土曜日の今日決めなくても明日日曜日に決定でもいいので、まだ大丈夫なんですが明日もこれだけ違いのある天気予報が出ているようだとかなり迷います。
一応Yahoo!天気予報(つまり日本気象協会)発表のものを今は一番信用してはいるのですが、梅雨時ということもあり全幅の信頼は置き辛いものがあります。

まぁ、明日になれば気象庁発表のものももう少し細かく時間を区切ったものが見れるのでそれを見て判断しようかとは思ってます。

梅雨時は外仕事には辛いねぇ・・・・
夏は暑くて辛いし、冬は寒くて辛いんだけど・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました